秋の日本酒5本
  • ITEM
  • 2019.10.9 UP

夏の間に味わいを深めた酒、秋あがりとひやおろし

冬に造られ、夏をこえて熟成した日本酒が満を持して登場する季節となりました。 これらは「ひやおろし」や「秋あがり」と呼ばれ、あえて秋を待って出荷される期間限定酒です。「ひやおろし」は春に搾ったお酒を一度だけ加熱殺菌(火入れ)して熟成し、以後加熱殺菌を行わずに秋の解禁日に合わせて出荷するもの。一方「秋あがり」は加熱殺菌(火入れ)の回数に関わらず秋に仕上がるお酒のことを指しています。蔵によって「ひやおろし」を「秋あがり」の一種と考えるところや、まったくちがう呼び方で出荷するところもあり複雑ですが、今回とにかくお伝えしたいのは各地から夏に熟成した期間限定酒が出る、ということ。要注目の5本をご紹介します!

三越デイズ
  • 1
  • / 5 items
<白鷹>白鷹 特別純米 秋あがり

兵庫県特A地区産山田錦、<白鷹>秋あがり

最初にご紹介するのは、伊勢神宮の御料酒として長く採用され、都内でも多くの名店に選ばれてきた兵庫の蔵元<白鷹>が、生もと造りで醸す兵庫県特A地区産山田錦を使用した特別な「秋あがり」です。ひと夏熟成させ、ひやおろしと同様に出荷前の火入れを行わずにご用意した一本は、熟成がすすんだことで手に入った深みのある旨みと香味に加え、ほのかに感じる複雑な味わいも絶妙。秋あがりとして素晴らしくバランスのとれた味わいです。常温で楽しんだ後は、よりまろやかに感じられる燗でもどうぞ!

  • 日本橋本店

<兵庫県/白鷹>白鷹 特別純米 秋あがり

1,540円(720ml)

  

SHOP INFO

■日本橋三越本店 本館地下1階/ラ・カーヴ 柱番号G-9横
[販売個数]24点限り

  • 2
  • / 5 items
<吉乃川>吉乃川 特別純米酒 ひやおろし

新潟県の五百万石100%、<吉乃川>ひやおろし

続いてご紹介するのは「ひやおろし」です。「ひやおろし」は、その言葉のイメージから“しっかり冷やして飲む日本酒”を連想してしまう方もいるようですが、前述の通りその実態は夏に熟成されて旨みをました秋限定の日本酒のこと。フレッシュ感あふれる春の搾りたてとはちがい、角の取れたまろやかな味わいが基本的な特徴です。こちらは新潟県五百万石を100%使用した<吉乃川>の特別純米酒。おすすめの飲み頃温度は室温・ぬる燗で、焼き魚や煮物など、家庭料理との相性がぴったりです。

  • 日本橋本店

<新潟県/吉乃川>吉乃川 特別純米酒 ひやおろし 五百万石

1,320円(720ml)

  

SHOP INFO

■日本橋三越本店 本館地下1階/ラ・カーヴ 柱番号G-9横
[販売個数]24点限り

  • 3
  • / 5 items
<長野県/仙醸>黒松仙醸 純米ひやおろし

長野が誇るひとごこち100%、<仙醸>ひやおろし

桜の名所として知られる信州高遠で150年以上の歴史を持つ酒造店<仙醸>の「純米ひやおろし」です。採用している酒造好適米は長野県が誇る「ひとごこち」。心白が発現しやすく大粒であることから、品質の高い酒造りに適していると言われています。ひとごこちで醸し信州高遠の蔵で夏を越したこの日本酒は、おだやかな熟成系の香りと、マンゴーのような甘み、さらに柑橘系のさわやかな酸味が調和した一本。独特な味わいをぜひお楽しみください!

  • 日本橋本店

<長野県/仙醸>黒松仙醸 純米ひやおろし

1,430円(720ml)

  

SHOP INFO

■日本橋三越本店 本館地下1階/ラ・カーヴ 柱番号G-9横
[販売個数]12点限り

  • 4
  • / 5 items
<福島県/鶴乃江酒造>会津中将 純米吟醸 ひやおろし

フルーティな純米吟醸、<鶴乃江酒造>ひやおろし

続いてご紹介するひやおろしは、福島県<鶴乃江酒造>の「会津中将 純米吟醸 ひやおろし」。こちらのひやおろしは、夏の間に味わいの深まったひやおろしの魅力を分かりやすく楽しめる一本です。福島県産の五百万石で醸したフルーティな香りに加え、まろやかな口当たりと心地よい甘みが印象的。のど越しのキレ・余韻のやわらかさも上品にまとまっており、造りの良さが光ります。

  • 日本橋本店

<福島県/鶴乃江酒造>会津中将 純米吟醸 ひやおろし

1,650円(720ml)

  

SHOP INFO

■日本橋三越本店 本館地下1階/ラ・カーヴ 柱番号G-9横
[販売個数]12点限り

  • 5
  • / 5 items
<秋田県/天寿酒造>天寿 米から育てた純米酒 ひやおろし

花酵母による香り高さ、<天寿酒造>ひやおろし

最後にご紹介するひやおろしは秋田の蔵元<天寿酒造>が“酒造りは米作りから”という考えのもと、地元で契約栽培された酒造好適米「美山錦」となでしこの花から分離した花酵母で醸した一本です。香りは穏やかながらフルーティで、口当たりはやわらかくなめらか。熟成による旨みがバランスよくまとまった味わいが魅力です。秋の日本酒としてアルコール度数にも気を配り、ライトで飲みやすい15度台に調整しています。

  • 日本橋本店

<秋田県/天寿酒造>天寿 米から育てた純米酒 ひやおろし

1,529円(720ml)

  

SHOP INFO

■日本橋三越本店 本館地下1階/ラ・カーヴ 柱番号G-9横
[販売個数]12点限り

三越デイズ

FLOOR GUIDE

ONLINE STORE

※20歳未満の方の飲酒は法律で禁じられています。
※価格はすべて税込みです。
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※品切れの際はご容赦ください。
※記事掲載時点での商品情報のため、お取り扱いのない場合がございます。

SHARE

関連記事

お弁当に、桜前線がやってきました
ITEM

お弁当に、桜前線がやってきました

桜の見頃が気になるこの頃ですが、花より団子派のみなさまにうれしいニュースが入ってきました。さまざまなブランドのお弁当に、次々と桜前線が到来しているようです。さあ、花見弁当の彩り豊かなラインナップをじっくり眺めながら、2020年のお花見の予定を立ててみてはいかがでしょう。

春の手土産に、三越モチーフはいかが?
ITEM

春の手土産に、三越モチーフはいかが?

新年度のご挨拶や、お花見の集まりなど、何かと手土産を携える機会が増える春。「今だけ」「ここだけ」の特別感を添えると、受け取る人も贈る方もより一層嬉しくなりますよね。三越モチーフの限定アイテムは手土産に人気で、ラインナップが拡大中です。

桜色に染まりたい。この季節だけの限定アイテム
ITEM

桜色に染まりたい。この季節だけの限定アイテム

桜の開花宣言が気になり始める3月下旬。三越にはこの季節だけお目見えする桜フードが続々登場しています。桜をモチーフにしたお菓子や桜柄のパッケージなど、春の気分を盛り上げてくれる麗しい美味が勢ぞろい。手みやげからデザートまで、多彩な桜アイテムでどうぞ、素敵な春を。