美術画廊

関谷 理 日本画展 【VIRTUOSO】

このページをシェアする

2019/04/29

30日より、美術画廊では、「関谷 理 日本画展 【VIRTUOSO】」を開催。

気鋭の日本画家、関谷理氏。

1982年新潟生まれの画家は東京藝術大学日本画科を主席で卒業。

個展サブタイトルは様々な画風に変転しても一貫して技巧を尽くす画家のあだ名、イタリア語で名手という意味合いです。

東京大学藝術大学卒行論文「寂寥感の残滓」で博士号を取得し、教育研究助手として勤務した後、2016年からは沖縄県立芸術大学日本画専任講師として沖縄の地で後進を指導。

高松初の個展となる今展では、屋島を中心とした高松取材作品に加え、改元をテーマにした新作も展開いたします。

この機会に是非ご高覧下さい。

画像

霊峰ーアンブルナー

10号

画像

記憶の残像ーgolden seaー

30号

画像

月光(2)

4号

※写真はすべてイメージです。

このページをシェアする

美術画廊

美術画廊

本館5階 | 美術

OTHER NEWS

その他のニュース

次代を担う作家5人展

次代を担う作家5人展

5月21日(火) ~ 5月27日(月) ※最終日は午後4時30分閉場。