呉服

第86回 千總染繍衣裳展

このページをシェアする

2019/06/09 UP

1555年、法衣装束商として京都に創業し、研讃の精神で友禅きものを手掛け、明治時代には「友禅の千總」として名声を高めた老舗。

「令和」の時代最初の開催となる今回は、京都の美と格を礎にそれぞれの時代背景を織り交ぜながら創作し、現代に合う色柄の様式を

ご紹介いたします。 

 

画像

【箔置き金彩葉書製作体験教室】

箔と糊を使用して描く、光沢のある絵模様。

京友禅の加飾技法のひとつ、箔置きを体験していただくミニ教室です。

 

   日時:6月15日(土)・16日(日) 各日午前11時~午後4時

所要時間:約20分

   定員: 各日先着25名さま

  参加費:無料 

※混雑状況により、お承りできない場合がございますので予めご了承ください。 

※写真はイメージです。

 

  •  
画像

京友禅手描振袖「聚花彩映文」・・・1,620,000円

 

来年、晴れて成人式をお迎えになるお嬢さまのために、伝統美の彩りがひときわの新作振袖をご紹介いたします。

 

 

画像

お誂え・お仕立付京友禅手描訪問着・・540,000円

(各種 5点限り) 

<第86回開催特別企画>

慶事の席に向けて、数量限定でお選びした礼装きものと帯の特集。いずれも大変お値打ちな、お仕立て付でご用意いたしました。 

 

《その他出品》

・ お誂え・お仕立付京友禅手描黒留袖(五ッ紋付比翼仕立)各種5点限り・・・540,000円

・お誂え・お仕立付京友禅手描色留袖(三ッ紋付比翼仕立)各種5点限り・・・540,000円

・帯芯・お仕立付西陣袋帯 各種10点限り・・・270,000円 

 

 

画像

左:西陣袋帯「精妙飾文」・・・1,944,000円

右:西陣袋帯「風趣招竹」・・・3,024,000円

<平安の典麗 西陣織>

平安時代の京都に発祥したとされる歴史と伝統を誇り、日本の織文化を代表する西陣織の伝統を受け継ぐ老舗、川島織物。至芸の職技で表現される絢爛豪華な意匠はまさに芸術の領域です。その美学を堪能する、礼装にふさわしい逸品を特集いたします。

 

 

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

呉服

呉服

本館4階 | きもの,ブライダル・セレモニー

OTHER NEWS

その他のニュース

<WA・KKA>秋冬コレクション

<WA・KKA>秋冬コレクション

10月30日(水) ~ 11月5日(火)

三越 秋のきもの紀行 

三越 秋のきもの紀行 

10月16日(水) ~ 10月29日(火)

<月之>オータムバッグコレクション

<月之>オータムバッグコレクション

10月23日(水) ~ 10月29日(火)