美術

鈴木徹作陶展 萌生Ⅱ

このページをシェアする

2020/08/26 UP

このたび、鈴木徹氏の六年ぶりとなる展覧会を開催いたします。

自然の中の緑には、季節ごとに様々な表情があります。

木々が芽吹く春の新緑から、夏の強い日差しに負けない生き生きとした緑。

秋には紅葉の中存在感を見せる緑から、冬の一瞬の光に映える深い緑。

鈴木徹氏は、自身の周りにある自然から受けた力を陶により表現する、その姿勢に拘って制作をしています。

今回「萌生II」と題した作品群は、緑の微妙な変化を釉薬の流れと節に見立てた土で表現した、生きた緑の陶表現ともいえるスケールの大きな作品です。

その他に、新たな色を組み合わせて釉薬だけでなく土の動きで存在感を表現した茶碗、角度により様々な表情を見せる花入から食器・酒器まで、八十余点を展観いたします。

芸術の秋に、鈴木徹氏の手から生まれる緑の様々な表現を、日本橋三越本店で体感いただきます。

 

【陶歴】

1964年 岐阜県多治見市に生まれる

1978年 龍谷大学文学部史学科卒業

1988年 京都府立陶工職業訓練校 成形科 修了

1991年 第38回日本伝統工芸展 入選 以降25回入選

1997年 (公社)日本工芸会正会員になる

1999年 第30回東海伝統工芸展 受賞 以降4回受賞

2003年 第17回日本陶芸展 入選 以降5回入選 

    第50回日本伝統工芸展「新人賞」受賞

2005年 第1回菊池ビエンナーレ「大賞」 受賞

2008年 第36回新作陶芸展「日本工芸会賞」受賞

2009年 第3回菊池ビエンナーレ「奨励賞」受賞

第3回牛田コレクション(多治見市文化工房ギャラリーヴォイス)作品選定

2012年 第32回伝統文化ポーラ賞「奨励賞」受賞

平成23年度岐阜県伝統文化継承功績者顕彰

2013年 母校龍谷大学より「龍谷奨励賞」受賞

2015年 第62回日本伝統工芸展「NHK会長賞」受賞

2016年 平成27年度日本陶磁協会賞 受賞 

    第11回パラミタ陶芸大賞展

2017年 第64回日本伝統工芸展「緑釉花器」宮内庁買上げ

現在 (公社)日本工芸会理事

 

 

画像

萌生

寸法:幅30×奥行29×高67.5㎝

税込価格:1,320,000円

画像

緑釉鉢

寸法:38.5×高13.5㎝

税込価格:770,000円

画像

三彩茶碗

寸法:11.6×高12㎝

税込価格:275,000円

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

アートギャラリー

アートギャラリー

本館6階 | 美術,宝飾品・時計・メガネ

OTHER NEWS

その他のニュース

藤田新 洋画展 Light projection 

藤田新 洋画展 Light projection 

2月24日(水) ~ 3月1日(月) 最終日は午後5時閉場です。

中村貴弥展 ー結晶の旅ー

中村貴弥展 ー結晶の旅ー

2月24日(水) ~ 3月1日(月) 最終日は午後 5 時終了です。


  
  樂代々展

樂代々展

2月24日(水) ~ 3月1日(月) 最終日は午後5時閉場

『dual』内海聖史展

『dual』内海聖史展

2月17日(水) ~ 3月1日(月) 最終日は午後5時閉場

阿部観水日本画展 ―生命の在り処―

阿部観水日本画展 ―生命の在り処―

3月3日(水) ~ 3月8日(月) 最終日は午後5時閉場です。

関俊一 絵画展 -自然観察図鑑-

関俊一 絵画展 -自然観察図鑑-

3月3日(水) ~ 3月8日(月) 最終日は午後5時閉場

作陶50年記念 松崎健陶展 窯変の世界・白瓷と遊玄

作陶50年記念 松崎健陶展 窯変の世界・白瓷と遊玄

3月3日(水) ~ 3月8日(月) 最終日は午後5時閉場

寺田鉄平 陶展

寺田鉄平 陶展

3月3日(水) ~ 3月9日(火) 最終日は午後5時閉場です。

田窪恭治・中村康平 二人展「時間」

田窪恭治・中村康平 二人展「時間」

3月3日(水) ~ 3月15日(月) 最終日は午後5時閉場

安永頼山作陶展

安永頼山作陶展

3月10日(水) ~ 3月15日(月) 最終日は午後5時閉場

石橋 裕史展 ー彩刻磁ー

石橋 裕史展 ー彩刻磁ー

3月10日(水) ~ 3月15日(月) 最終日は午後5時閉場

花・おりおり 林 潤一 日本画展

花・おりおり 林 潤一 日本画展

3月10日(水) ~ 3月15日(月) 最終日は午後5時閉場です。