美術

19世紀ヨーロッパ 陶板画展

このページをシェアする

2020/07/03 UP

今から300年以上前、 1710年にドイツの名窯マイセンの創立によりヨーロッパ磁器の歴史は始まりました。その後19世紀後半になると、 科学の発展とともに焼き物の生産能力は大きく向上します。 幾度の焼成にも耐え得る磁土や美しい発色を追求した顔料の開発が進み、磁器の可能性が極限にまで高められた時代でした。19世紀の陶板画には当時の最高レベルの素材が惜しみなく使用され、 そして優れた職人達の優美で繊細な筆致によって泰西名画を見事に再現しています。 丹念に焼成されたそれらの作品は今もなお人々の心を捉える高い芸術性を持っています。また近年では陶板画の人気は世界的に高まっており、 市場に現れる良質な作品は希少化しています。本展ではヨーロッパ磁器の最高峰のひとつベルリンK.P.M.を中心として、約20点の陶板画を出品いたします。是非、この機会にご高覧賜りますようご案内申し上げます。

 

 

画像

ベルリンK.P.M. <花摘みの女性>

画面寸法:縦24×横18cm

製作年代:1890〜1900年頃

税込価格:2,640,000円

画像

ベルリンK.P.M. <果実のガーランド>

画面寸法:縦19×横33cm

製作年代:1880年頃

税込価格:4,400,000円

画像

ベルリンK.P.M. <猫を抱く少女>

画面寸法:縦21×横13cm

製作年代:1890〜1900年頃

税込価格:1,980,000円

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

アートギャラリー

アートギャラリー

本館6階 | 美術,宝飾品・時計・メガネ

OTHER NEWS

その他のニュース

MITSUKOSHI×東京藝術大学 夏の芸術祭2020 次代を担う若手作家作品展

MITSUKOSHI×東京藝術大学 夏の芸術祭2020 次代を担う若手作家作品展

8月12日(水) ~ 8月17日(月) 最終日は午後5時閉場

荒れ地のアレロパシー -5人のキュレーターによる現代美術展覧会-

荒れ地のアレロパシー -5人のキュレーターによる現代美術展覧会-

8月12日(水) ~ 8月24日(月) 最終日は午後5時閉場


  遊馬賢一油彩画展 かけがえのない刻 

遊馬賢一油彩画展 かけがえのない刻 

8月19日(水) ~ 8月24日(月) 最終日は午後5時閉場になります。

芸術と自然とのふれあい ガレ・ドーム展

芸術と自然とのふれあい ガレ・ドーム展

8月19日(水) ~ 8月24日(月)

旅 の ゆ く え  鴨居 玲 作品 展 

旅 の ゆ く え  鴨居 玲 作品 展 

8月19日(水) ~ 8月24日(月)

安田直子陶展

安田直子陶展

8月19日(水) ~ 8月24日(月) 最終日は午後5時閉場

ガラスのかたち展 JGAA GLASS ART EXHIBITION

ガラスのかたち展 JGAA GLASS ART EXHIBITION

8月19日(水) ~ 8月25日(火) 最終日は午後5時閉場です。

三越  特選アートセレクション

三越 特選アートセレクション

8月19日(水) ~ 8月30日(日) ※8月24日(月)・30日(日)午後6時終了

第1回三越伊勢丹・千住博日本画大賞展

第1回三越伊勢丹・千住博日本画大賞展

8月26日(水) ~ 8月31日(月) 最終日は午後5時閉場です。

江戸切子
小林淑郎・昂平 親子展

江戸切子 小林淑郎・昂平 親子展

8月26日(水) ~ 8月31日(月) 最終日は午後5時閉場


  
  ~示現会会員による~第3回示樹展

  ~示現会会員による~第3回示樹展

8月26日(水) ~ 8月31日(月) 最終日は午後5時閉場になります。

「KISSAKI」刀匠 高見太郎國一×画家 大槻透・木下拓也・後藤温子

「KISSAKI」刀匠 高見太郎國一×画家 大槻透・木下拓也・後藤温子

8月26日(水) ~ 9月7日(月) 最終日は午後5時閉場