美術

川内 理香子 『Myth & Body』 

このページをシェアする

2020/06/28 UP

 

 

何かを食べる、触れる、、、身体感覚ほど、確かなものはない。

 

身体は皆共通のものである。

 

神話では動物や自然、あらゆるものがそういった身体感覚や人間の体を通して解釈されている。

 

それは神話が語られる民族の間では、身体が一番の共通言語であったからではないかと考えられる。

 

今では科学があり、身体の外に、あらゆる共通項や実証された共通の知識があるが、神話が生きる世界では神話こそが科学である。

 

身体が土台に置かれる神話の中では食に関するものや身体は様々なものに結びつけられる。

 

手や足は空に登り、星になり、その位置や、星の特徴は暦や季節を表す周期的なものに昇華されたり、人間の臓器や血が大地、海、湖などの自然に取って代わる。

 

動物は人間となり、人間もまた動物に変貌したりもする。

 

世界のあらゆるものが、身体と重なり合わされ、理解される。

 

それは、身体という自己と、その自己を取り巻くあらゆる他者、内のものと外のものの境目がない、全てが入り混じる世界である。

 

 

川内 理香子(かわうち・りかこ)

1990年東京都生まれ。

2017年に多摩美術大学大学院・美術学部・絵画学科・油画専攻を修了。

現在は東京を拠点に活動中。

 

川内は食への関心を起点に、身体と思考、それらの相互関係の不明瞭さを主軸に、食事・会話・性といった様々な要素が作用し合うコミュニケーションの中で見え隠れする、自己や他者を作品のモチーフとして、ドローイングやペインティングをはじめ、針金やゴムチューブ、樹脂やネオン管など、多岐にわたるメディアを横断しながら作品を制作している新進気鋭のアーティストです。制作を通して描くことで、捉えがたい身体と目には見えない思考の動きを線の中に留めている、と本人は語ります。

 

近年の展覧会として、2019年グループ展『drawings』(ギャラリー小柳、東京)、2018年個展『human wears human / bloom wears bloom』(鎌倉画廊、神奈川)、個展『Tiger Tiger, burning bright』(WAITINGROOM、東京)、2017年個展『Something held and brushed』(東京妙案GALLERY、東京)、グループ展『ミュージアム・オブ・トゥギャザー展』(スパイラル、東京)、個展『NEWoMan ART wall Vol.7: Rikako KAWAUCHI』(NEWoMan ART wall, JR 新宿駅ミライナタワー改札横ディスプレイ、東京)、2016年個展『Back is confidential space. Behind=Elevator』(WAITINGROOM、東京)、2015年個展『SHISEIDO ART EGG vol.9 : Go down the throat』(資生堂ギャラリー、東京)が挙げられます。また、2014年『第1回CAF賞』では保坂健二朗賞を、2015年『SHISEIDO ART EGG』参加の際はART EGG賞を受賞するなど、若手ながら確かな実力を持つ注目の作家です。

 

 

川内 理香子

 

1990年 東京生まれ

 

現在東京を拠点に活動中

 

 

略歴

 

2017年 多摩美術大学大学院美術学部絵画学科油画専攻 修了

 

2015年 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻 卒業

 

個展

2020年

Myth & Body –、日本橋三越・三越コンテンポラリーギャラリー(東京)

2018年

human wears human / bloom wears bloom、鎌倉画廊(神奈川)

Tiger Tiger, burning bright、WAITINGROOM(東京)

2017年 Something held and brushed、東京妙案GALLERY(東京)

NEWoMan ART wall Vol.7:Easy Chic Pastels 川内理香子、NEWoMan ART wall(JR新宿駅ミライナタワー改札横のディスプレイ・ニュウマン新宿2Fメインエントランス前・東京)

 

2016年

ART TAIPEI 2016 、WAITINGROOMソロブース, Taipei World Trade Center(台北・台湾)

Back is confidential space. Behind=Elevator、WAITINGROOM(東京)

 

2015年

コレクターとアーティスト:川内理香子、T-Art Gallery(東京)

SHISEIDO ART EGG vol.9 : Go down the throat、資生堂ギャラリー(東京)

 

グループ展

2020年

Input / Output – 銀座蔦屋書店・アトリウム(東京)

個性の開花II ポスト伊作世代〜昭和から平成の文化学院で学んだ人々、ルヴァン美術館(長野)

2019年

写真 - 3F/3階(東京)

drawings - ギャラリー小柳(東京)

2018年

ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス - 渋谷ヒカリエ 8/COURT(東京)

2017

spiral take art collection 2017「蒐集衆商(しゅうしゅうしゅうしょう)」 - スパイラルガーデン(東京)

NEWSPACE - WAITINGROOM(東京)

ミュージアム・オブ・トゥギャザー展 - スパイラル(東京)

平成28年度第40回東京五美大連合卒業・修了作品展 - 国立新美術館(東京)

 

2016年

Stereotypical - GALLERY PARC(京都)

 

2015年

デッドヘンジ/エステティック - HIGURE 17-15 cas(東京)

 

2014年

第1回CAF賞入賞作品展 - TABLOID GALLERY(東京)

That I shall say goodnight till it be morrow - 新宿眼科画廊(東京)

 

2013年

凸展 - TKPシアター柏、アートラインかしわ2013(千葉)

Home Made Family - CASHI冷蔵庫内(東京)

Sleep No More - 多摩美術大学芸術祭(東京)

 

2012年

OTHER PAINTING XI - Pepper's Gallery(東京)

凸展 - そごう柏店、アートラインかしわ2012(千葉)

ドーナツのない穴 - 多摩美術大学芸術祭(東京)

 

アワード

2015年 SHISEIDO ART EGG賞

2014年 第1回CAF賞 保坂健二朗賞

2014年 マネックス証券主催 ART IN THE OFFICE 2014

 

パブリックコレクション

高橋コレクション

マネックス証券

 

 

 

画像

作品名:Forest of the night

サイズ:181×227㎝

このページをシェアする

アートギャラリー

アートギャラリー

本館6階 | 美術,宝飾品・時計・メガネ

OTHER NEWS

その他のニュース

松﨑修 木漆展

松﨑修 木漆展

7月8日(水) ~ 7月13日(月) 最終日は午後5時閉場

− 日本画・洋画 −  巨匠展  2020

− 日本画・洋画 −  巨匠展  2020

7月8日(水) ~ 7月13日(月) 最終日は午後5時閉場になります。

木彫秀作展

木彫秀作展

7月8日(水) ~ 7月13日(月)

色絵のうつわ 南 絢子展

色絵のうつわ 南 絢子展

7月8日(水) ~ 7月14日(火) 最終日は午後5時閉場です。

織部の心と伝統 加藤陽児作陶展

織部の心と伝統 加藤陽児作陶展

7月8日(水) ~ 7月14日(火) 最終日は午後5時閉場

大平龍一「pineapple」

大平龍一「pineapple」

7月1日(水) ~ 7月13日(月) 最終日は午後5時閉場

十五代 酒井田柿右衛門展

十五代 酒井田柿右衛門展

7月15日(水) ~ 7月20日(月) 最終日は午後5時閉場

19世紀ヨーロッパ 陶板画展

19世紀ヨーロッパ 陶板画展

7月15日(水) ~ 7月20日(月) 最終日は午後5時閉場

多摩美出身作家の集い E.O展

多摩美出身作家の集い E.O展

7月15日(水) ~ 7月20日(月) 最終日は午後5時閉場になります。

酒井田和美ジュエリー展

酒井田和美ジュエリー展

7月15日(水) ~ 7月21日(火) 最終日は午後5時閉場です。

Peel from Nature-自然からの剥離

Peel from Nature-自然からの剥離

7月15日(水) ~ 7月27日(月) 最終日は午後5時閉場

今井裕之 金石造形展 砡響金

今井裕之 金石造形展 砡響金

7月22日(水) ~ 7月27日(月) 最終日は午後5時閉場