生誕130年

佐藤玄々(朝山)展

2019/02/27 更新

佐藤玄々[1888(明治21)〜1963(昭和38)年](本名:清蔵、旧号:朝山)は、我が国が近代化を歩む時代を生き、横山大観から天才と呼ばれた稀代の彫刻家です。福島県宇多郡中村町(現・相馬市)の宮彫師の家に生まれた佐藤玄々は、17歳で上京して山崎朝雲に師事します。その後、1922(大正11)年にはフランスに留学し、ブールデルに師事、西洋彫刻を研究します。

本展では、日本の伝統木彫が近代彫刻として再構成されていく道程をたどります。また、作品は日本橋三越本店 本館1階の中央ホールに設置された代表作「天女(まごころ)像」を中心に木彫、ブロンズ、石膏原型、墨画など約40点を展覧いたします。

このページをシェアする

展示作品の一例

item-list__bg-img

「兎(裏面 鶏)」 

1905(明治38)年 相馬市歴史資料収蔵館

item-list__bg-img

「永遠の道(問答)」 

1913(大正2)年 個人蔵

item-list__bg-img

「巣鶏」

1920(大正9)年頃 福島県立美術館

(横井美恵子コレクション)

item-list__bg-img

「影」 

1924(大正13)年 個人蔵

item-list__bg-img

「筍」 

1929(昭和4)年頃 個人蔵

item-list__bg-img

「青鳩」 

1933(昭和8)年頃 福島県立美術館

(河野保雄コレクション)

item-list__bg-img

「陶仏頭」

1945(昭和20)年 福島県立美術館

(横井美恵子コレクション)

item-list__bg-img

「神狗」

1940〜50(昭和15〜25)年代 妙心寺大心院

item-list__bg-img

「宇迦御魂命像」 

1962(昭和37)年 個人蔵

※都合により、イベントの内容が変更となる場合がございます。予めご了承ください。

●お問合せ先:日本橋三越本店 TEL.03-3241-3311(大代表)

このページをシェアする

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

日本橋三越本店のおもてなし

日本橋三越本店のおもてなし

日本橋三越本店の「おもてなし」サービス ご予約フォーム

日本橋三越本店の「おもてなし」サービス ご予約フォーム

本館屋上 日本橋庭園

本館屋上 日本橋庭園

5月1日(水) から

グリルテラス日本橋

グリルテラス日本橋

5月1日(水·祝) ~ 9月16日(月·祝)

MITSUKOSHI COSMETICS

MITSUKOSHI COSMETICS

4月10日(水) ~ 5月7日(火)

MITSUKOSHI ACCESORY

MITSUKOSHI ACCESORY

4月10日(水) ~ 5月7日(火)

MOTHER'S DAY 母の日

MOTHER'S DAY 母の日

4月24日(水) ~ 5月12日(日)

Paradise of the Jewel

Paradise of the Jewel

4月17日(水) ~ 4月29日(月·祝)