menu
  • 「おへそ的、買い物のすすめ展」 in 日本橋
  • 2018年9月12日(水)-17日(月・祝)
    日本橋三越本店 新館7階 催物会場
  • orslow
  • 仲津一郎さん
ブランド名〈orslow〉は「(or)originalityのあるものを(slow)吟味し、ものづくりをする。じっくりと味わいながら着用してもらいたい」という想いが由来。素材へのこだわり、縫製には1960年代のミシンを使用するなど独特のアンティーク感を表現しています。
古きものに
想いを馳せながら、
永遠の定番服を
独自のフィルターを
通してデザイン
ブランドについて教えてください。
originalityのある服を吟味しものづくりする。めまぐるしい速さで流れていくファッションの世界で、ゆっくりと進みながら自分らしさを見つめ直していく。19~20世紀に誕生した衣類、特にワーク・ミリタリーから派生する衣類は、作業着に限らずファッションとして多くの人たちに愛され、今現代もなおベーシックウエアとして支持され続けています。そういった永遠の定番服を私たちのフィルターを通してslowにデザインしていく。手から生み出されるぬくもりを大切に、細部に至るまでこだわったクオリティの高いものづくりを目指しています。
ブランドを始めたきっかけと、これまでの歩みをお聞かせください。
高校卒業後アメリカに渡り、ビンテージジーンズを集めているうちに、収集だけでなく、自分で縫えるようになりたいという気持ちが強くなりました。日本に帰国し服飾の専門学校を卒業後、本格的にジーンズ作りを学ぶため、岡山県・児島にある国産デニムメーカーに就職、そして5年後、同じ岡山で独立し、OEM中心の企画生産を始めました。2004年、長年の夢を叶えるべく、地元関西に戻り、〈orslow〉を立ちあげました。
商品づくりに対するこだわりや大切にしている想いをお聞かせください。
古きものに想いを馳せ、リスペクトしながらまた新しい完成形を模索していくことが〈orslow〉のものづくりの骨子です。
「私のおへそをつくるきっかけになったもの」を教えてください。
幼少のころ母親に買ってもらった1本のデニムのオーバーオール。幼な心ながら、色落ちして表情を変えていくデニムの魅力に心惹かれました。
今回の「おへそ展」への参加にあたって、その想いをお聞かせください。
このようなイベントに参加でき、大変光栄に思います。〈orslow〉の衣服が皆さんの「暮らしのおへそ」の一助を担えることができたなら、こんな幸せなことはありません。
「おへそ展」にご来店されるお客さまにメッセージをお願いします。
ワードローブに1本、〈orslow〉を加えていただけましたらうれしいです。決して華美ではありませんが、皆さまの暮らしに寄り添う働き者な服たちです。

Items

  • アイビーフィットデニム107
    21,384円
  • ペインターパンツ
    18,144円
  • フレンチワークパンツ
    15,984円

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

THE WORLD OF GRAFF
終了しました

THE WORLD OF GRAFF

11月7日(水)~ 11月20日(火)

日本橋三越本店グランドオープン

日本橋三越本店グランドオープン

7月25日(水)~ 3月31日(日)

日本橋三越の迎春

日本橋三越の迎春

11月14日(水)~ 12月31日(月)

ワコールスペシャルバザール

ワコールスペシャルバザール

11月21日(水)~ 11月27日(火) ※最終日は午後6 時終了。

男のきものフェス2018

男のきものフェス2018

11月21日(水)~ 11月27日(火) ※最終日は午後6時終了

贈る美食市 大人の食てみやげ

贈る美食市 大人の食てみやげ

11月21日(水)~ 11月27日(火) ※最終日は午後6時終了