迎え花で皆さんをあっと言わせたい

迎え花で皆さんをあっと言わせたい

迎え花で皆さんをあっと言わせたい
ダニエル・オスト氏によるインスタレーションは、本館1階 ライオン口やその他館内にて11月6日(火)まで展開する予定です。
迎え花で皆さんをあっと言わせたい一部のインスタレーションは12月25日(火)まで。

ダニエル・オスト

ダニエル・オスト DANIEL OST

1955年ベルギー生まれ。オランダでフローラルアートの修士号を取得。1990年大阪花の万博金賞受賞。ベルギー王国、中東諸国のロイヤルウエディングの装飾を数々手がける。2015年には日本政府より「花の芸術家」として旭日小綬章を受章。

迎え花で皆さんをあっと言わせたい
ダニエル・オスト氏によるインスタレーションは、本館1階 ライオン口やその他館内にて11月6日(火)まで展開する予定です。
迎え花で皆さんをあっと言わせたい一部のインスタレーションは12月25日(火)まで。

「花の建築家」の異名を持つ人

 各国のロイヤルウエディングをはじめ、世界中の歴史的建造物を舞台に、驚きに満ちた花のインスタレーションを披露し続けている、ベルギー在住のフラワーアーティスト、ダニエル・オスト氏。特に日本との縁は深く、世界文化遺産の金閣寺や仁和寺などの仏閣のほか、重要文化財「杉本家住宅」など、伝統建築の中に繰り広げられるモニュメンタルな花と植物の造形は、観る者をあっという間に異世界に連れさるような幻惑性を持ち、多くのファンを魅了しています。アントワープから車で30分ほど離れた町シント・ニクラスとブリュッセルに1軒ずつ自身のフラワーブティックを持ち、ある日はドバイ、またある日は北京と、世界中のオファーに応えて駆け回り、現在も精力的に活動を続けています。
 3歳の頃、側溝に落ちて溺れて意識を失ったときも、助け上げられた際、手には摘んだ花束を離さなかったという逸話のあるほど、生まれながらにして花に魅了されたオスト氏。20代の頃からヨーロッパで数々の花の大会で優勝するなど、順調にフローラルアートの第一線を歩んできた氏に、大きな転機が訪れます。それが1985年の日本訪問でした。
「まず茶の湯の本に出会い、茶会の中で花が重要な役割を果たしていることを知り、もっと日本の花について深く知りたいと思っていたときに連れて行かれたのが、花人・栗崎曻さんの会員制バーでした。栗崎さんが言われた『西洋人は花の姿形と色で飾ろうとするが、日本人は花の魂を生けるのだ』という言葉に衝撃を受けました。その瞬間、私の花に対する考え方が変わったのだと思います」

隈研吾氏との交流、今秋に結実

 ちょうどその頃、建築家の隈研吾氏との出会いもありました。
「十数年前に初めてお会いしたときから、隈さんの人間性、知性、そして建築作品も、すべてが好きです。私は自然から伐り取ってきた花木の存在を空間とともに考えますが、隈さんもまた建築を庭園の一部と捉えておられます。そういった彼の思考のアプローチにシンパシーを感じるのです」
 装花と建築というジャンルの垣根を越えて尊敬し、刺激しあってきた間柄。今回の日本橋三越本店のリモデルに際し、本館1階フロアの内装を任された隈氏の素晴らしい環境デザイン「白く輝く森」と呼応するインスタレーション(注)を、オスト氏が手がけることになったことは嬉しい邂逅でした。
「私は私の花で皆さんをあっと驚かせるのが大好き。だからオープン当日まで、どんな仕上がりになるかは秘密です。日本は花のクオリティが最高ですから、できれば現地調達した花材を使いたいですね。自然の様相というのは、人間の手で真似ることは決してできない。自然が美しいならそのまま花を切らずにいればいいのです。しかし一度切ってしまった花ならば、それはダダイズムのオブジェと同じ。それをどうアートに昇華させるか。今回も、ぜひ楽しみにしていてください」

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

秋のマストアイテムセレクション2018

秋のマストアイテムセレクション2018

10月3日(水)~ 10月16日(火)

三越 紳士ファッション大市

三越 紳士ファッション大市

10月9日(火)~ 10月22日(月) ※最終日は午後6時終了

MITSUKOSHI HALLOWEEN FAIR

MITSUKOSHI HALLOWEEN FAIR

10月17日(水)~ 10月31日(水)

三越のお歳暮

三越のお歳暮

10月17日(水)~ 1月25日(金)

大中央区展

大中央区展

10月17日(水)~ 10月22日(月) ※最終日は午後6時終了

三越フランス展スペシャルサイト

三越フランス展スペシャルサイト

10月24日(水)~ 10月29日(月) ※最終日は午後6時終了

日本橋三越本店グランドオープン

日本橋三越本店グランドオープン

7月25日(水)~ 3月31日(日)