日本橋三越本店の歴史再発見

日本橋三越本店の歴史再発見 TOP
>国指定重要文化財
>ライオン像
>天女(まごころ)像
>三越劇場
>化石
>パイプオルガン
>中央ホール
>三圍神社
>漱石の越後屋
>「熈代勝覧」の中の越後屋
中央ホール

◇中央ホール


大正3年(1914)、4年の歳月をかけて完成した三越新館には、日本初のエスカレーターをはじめ、エレベーター、スプリンクラー、暖房換気など最新設備が施され、東京の新名所として話題をさらいました。「中央ホール」が誕生したのもこの時で、広さは214m2、採光天井をとりいれていました。


昭和10年(1935)の増築改修後には、400m2となり、大ドームの下に1~5階まで打ち抜かれたライトウェルが特色の豪華な大ホールとして生まれ変わりました。


現在ではほぼ毎日、催物やイベントが行われていますが、新春の「はしご乗り、木遣りご披露」や年末の「第九の大合唱」などは恒例の名物イベントとなっています。