日本橋三越本店の歴史再発見

日本橋三越本店の歴史再発見 TOP
>国指定重要文化財
>ライオン像
>天女(まごころ)像
>三越劇場
>化石
>パイプオルガン
>中央ホール
>三圍神社
>漱石の越後屋
>「熈代勝覧」の中の越後屋
重要文化財

◇「国指定重要文化財」


ルネッサンス様式の威容を誇る日本橋三越本店の現在の建物は、昭和10年(1935)、6年の歳月を費やし増築改修されたもので、完成当時は「国会議事堂」「丸ビル」に次ぐ大建築でした。
なかでも、採光天井の下にフランス産赤斑大理石とイタリア産卵黄色大理石を張りつめた中央ホールは花園のような美しさです。


平成28年(2016年)7月、本館が国の重要文化財に指定されました。