美術

愛・Feeling・日本 ー安達春汀 刻字展ー

このページをシェアする

2021/04/27

108作品の軌跡・・・2002年から2010年に、NTTコミュニケーションカレンダーに掲載された作品を一堂に展覧いたします。

 

木を削り、「文字」を芸術へと昇華させる『刻字』。

一つの作品が完成にいたるまで、書や彫刻の創作センス以上に精神的な能力を必要とします。制作に携わった9年間、その年、そのときを全力で向き合った安達春汀さんの108か月を作品とともに振り返ります。

【列品説明会】

5月15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)

各日:午後1時~1時30分

定員20名様

参加費無料ですが、事前にご予約ください(082-242-3177)

 

画像

安達春汀/あだちしゅんてい

書作、刻字作家

作家の普及に尽力するとともに、企業の経営理念などの刻字制作、神社や酒蔵の扁額奉納など多くの実績を残す。

日本を代表する作家として、ドイツのハノーバー市市庁舎において個展を開催するなど国際交流においても幅広く活動。

 

1971年    香川峰雲に刻字を師事

1989年    広島三越初個展 以後隔年開催

1998年    日本橋三越本店初個展、以後3年毎開催

2002年    NTT西日本オリジナルカレンダー制作、以後9年制作

2011年    広島文化賞受賞

2018年    文化庁平成30年度地域文化功労者文部科学大臣表彰

現在、書道芸術院審査会員総務、筆の里工房理事

        

画像

作品名/2006年7月「黄昏」

 

画像

作品名/2009年4月「サラサラ」

このページをシェアする

美術

美術

7階 | 美術,その他

OTHER NEWS

その他のニュース

広島三越 五月の絵画特選会

広島三越 五月の絵画特選会

5月11日(火) ~ 5月16日(日)