7階 催物会場

「日本のくらしの道具展」2018 後期出展者紹介

このページをシェアする

2018/12/21 UP

冬の生活にまつわる”ニッポン”のいいものを取り揃えました。

今回は温かく過ごす事に注目して、装いを彩るアイテムも展開しております。

 

【後期:平成30年1月3日(木)~1月7日(月)】

 

通期出展者紹介はこちら→★

前期出展者紹介はこちら→★★

画像

匠工芸(しめ縄ジュエリー)

画像

創作服 今尾知子(柿渋染

画像

森パール(真珠)

画像

柏ビーズ(ビーズ細工)

画像

工房 もめんの華(鍋島緞通

画像

大森水晶(水晶細工)

画像

鳳竹堂(江戸筆)

画像

江戸鼈甲屋 石川(江戸鼈甲)

★匠工芸(しめ縄ジュエリー)

Takumi kogei

繊細な細工が特徴のアクセサリーです。K18の極細の針金を切り出し、つないで鎖状にしたものを何本も編んで作られています。

手作業のため、完成には時間が掛かります。会場では出川正義氏がチェーンの編み込みを実演いたします。

 

★創作服 今尾知子(柿渋染)

Sôsaku fuku Imao Tomoko 

柿渋で染めたオリジナルの洋服です。柿渋は、渋柿の青い果実からしぼりとった液で、染めると深みのある赤褐色になります。

柿渋染を中心に久留米絣や、麻で織られた着物から作るドレスやコート、ワンピースを取り揃えています。

 

★森パール(真珠)

mori pearl

真珠は海の中でゆっくりと大きく、そして美しくなる宝石です。

森パールが製造するパールジュエリーは人生の様々なシーンに寄り添い、より豊かに育むお手伝いをいたします。

 

★柏ビーズ(ビーズ細工)

Kashiwa bîzu

手作業でビーズ刺繍を施したハンドバッグや財布です。ビーズを2粒ずつ縫い付ける技法によって刺繍が施されています。

繊細な技法なので、熟練した技が必要です。会場では職人によるビーズ刺繍を実演いたします。

 

★工房 もめんの華(鍋島緞通)

Kobo Momen no hana

“鍋島緞通”は鍋島藩が献上品として織った事が始まりです。

“鍋島緞通”は経糸も緯糸も綿で織られています。一段一段、手仕事で織られています。

落ちついた色調と、花や蔓などの装飾模様が特徴です。

 

★大森水晶(水晶細工)

Omori suisho

宝飾産業が盛んな山梨県甲府の水晶専門店です。

カットや磨きの技術にこだわった、ネックレスやブレスレット、指輪などのアクセサリーを揃えています。

 

★鳳竹堂(江戸筆)

Hochikudo

“江戸筆”は東京都の伝統的工芸品です。数多くの工程を一人の職人が一貫して仕上げています。

「鳳竹堂」では厳選された材料を使用した書道用の筆や化粧筆を製造し、販売しています。

 会場では毛の選別作業などの実演をいたします。

 

★江戸鼈甲屋 石川(江戸鼈甲)

Edo bekko ya Ishikawa

1802年創業の“江戸鼈甲”の老舗です。江戸鼈甲は東京都の伝統的工芸品です。

鼈甲は海亀の一種、タイマイの甲羅を加工したものです。軽量で肌触りが良く、使いやすさがあります。

鼈甲の風合いや色調を活かしたアクセサリーを取り揃えています。

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

リビング

リビング

7階 | リビング

OTHER NEWS

その他のニュース