ジャパンエディション

海風そよぐ 沖縄の手仕事

このページをシェアする

2019/6/14 UP

沖縄の海風を浴びながら生み出された、手仕事の数々。糸から染めあげ織られた藍織物、夜光貝を磨き上げたジュエリー。

沖縄で育った木を使った漆の器たち。

風に乗って海を越え、銀座三越に沖縄の夏がなびきます。

 

※画像はイメージです。

画像

宮良千加/花藍舎(からんしゃ)

1970年 大阪生まれ

1996年 故・成底トヨ氏に師事。八重山小浜島にてインド藍の栽培、泥藍づくり、昔ながらの木灰による藍立て、糸を染め、機で着物を織る仕事を学ぶ

2009年 沖縄県工芸振興センターにて花織、草木染め、組織織、絵図絣を習得

2012年 うるま市勝連南風原に「花藍舎」設立

2016年 平成28年度日本民芸館展入選

2018年 個展「花藍舎織展~藍な気分。~」

 

※画像はイメージです。

 

 

画像

川初 真/かいのわ

 

1979年 北海道札幌市生まれ

2002年 北海道東海大学 海洋学部卒業

2003年 沖縄・那覇市へ移住

2008年 ふと手にした貝を、試行錯誤しながら切り出し、貝が時間をかけて産み出した模様や緻密な輝き、奥深い表情に魅了され、装飾品を作り始める。

2014年 浜比嘉島へ移り「かいのわ」工房設立。

「人と人 人と自然をつなぐもの」をコンセプトに、貝がもつ本来の美しさに敬意を込めてミニマムなデザインに仕上げている。

 

※画像はイメージです。

 

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

ジャパンエディション

ジャパンエディション

7階 | リビング,ホビー・ステーショナリー

OTHER NEWS

その他のニュース

COOLな金沢茶会

COOLな金沢茶会

10月16日(水) ~ 10月29日(火)

和歌山のものづくり

和歌山のものづくり

10月30日(水) ~ 11月5日(火)

親子四代!引き継がれた伝統工芸「江戸切子」~<小林硝子工芸所>~

親子四代!引き継がれた伝統工芸「江戸切子」~<小林硝子工芸所>~