ジャパンエディション

職人の技と技術の工芸品 / 日本の銀瓶・鉄瓶

このページをシェアする

2019/02/06 UP

日本の伝統的な茶道具を企画・製作している、富山県高岡市の銀瓶鉄瓶のブランド<銀祥堂>、江戸時代から十代目となる茶の湯釜と鉄瓶の工房、山形県山形市<清光堂>より、銀瓶・銀急須・鋳物など1つ1つ丁寧に仕上げた手作りの職人による美しい作品を、実演を交えてご紹介いたします。自分用としても、ギフトとしてもおすすめです。

画像

<銀祥堂>純銀耳口打出し回字紋湯沸し

作家:西片亮太

製法:鍛金  耳口 一枚  打出し技法

寸法:約高19×幅18 ㎝奥行16㎝

 

画像

<銀祥堂>銀急須2.6寸鎚目金彩

画像

<銀祥堂>竹に雀本象嵌鉄瓶と平形蓋取り桜彫金

画像

<銀祥堂>ねじり七宝八角鉄瓶

画像

<銀祥堂>揺波紋銀瓶4.8寸

画像

<銀祥堂>回字紋銀瓶4.8寸と銀製蓋取り桜枝

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

 

このページをシェアする

ジャパンエディション

ジャパンエディション

7階 | リビング,ホビー・ステーショナリー

OTHER NEWS

その他のニュース

<トモコ コデラ> 新作TOUJOURS トゥジューシリーズのご案内

<トモコ コデラ> 新作TOUJOURS トゥジューシリーズのご案内

11月13日(水) ~ 12月25日(水)

江本 創 未知なる生きモノ

江本 創 未知なる生きモノ

11月20日(水) ~ 11月26日(火)

親子四代!引き継がれた伝統工芸「江戸切子」~<小林硝子工芸所>~

親子四代!引き継がれた伝統工芸「江戸切子」~<小林硝子工芸所>~