ジャパンエディション

ONLY MI  「Tea Ceremony for Athletes. ~小堀宗翔 アスリート茶会の世界~ 」

このページをシェアする

2019/03/05 UP

440年の伝統を受け継ぐ遠州流茶道 小堀宗翔氏がセレクトした茶道具が揃う〈KIREISAVY〉から、花見茶会をテーマに小堀宗翔氏のライフワークでもある“アスリート茶会”の世界を表現した茶道具をご紹介。

初めての方でも気軽にお楽しみいただけるスターターセットや小堀宗翔監修の元で作家が制作した一品や、スポーツをテーマにデザインした作品まで、さまざまなスポーツと花見をテーマにした「KIREISAVY(キレイサヴィ)」な茶道具をご紹介します。

小堀宗翔氏 プロフィール
1989年 遠州茶道宗家13世 小堀宗実家元の次女として生まれる。学習院大学法学部卒業後は家元の内弟子として修業。アスリート茶会など若い世代に向けた試みも。2013年にはラクロスの日本代表としてワールドカップに出場。現在も現役選手として活動。

 

【出展作家】

つちやまり 山田翔太 加倉井秀昭 中澤結美子 小野穣 高取春慶 久野輝幸 青嶋利陶 大小田万侑子 ほか多数出展

 

 

 

 

ssss

 

【スペシャルイベント】

鈴木啓太氏スペシャルイベント~小堀宗翔アスリート茶会 スポーツとお茶の関係性~

■日時:3月17日(日)午後1時~午後1時30分(30分)

■場所:銀座三越7階ジャパンエディション

特別企画として、元サッカー日本代表の鈴木啓太氏を招いてのトークショーを行います。茶道とスポーツの関わり方や心と身体のバランスについてお話しいただきます。実際に、小堀宗翔氏にお茶をたてていただき、鈴木啓太氏にお茶会を体験していただきながら、トークセッションを行います。

 

鈴木啓太氏プロフィール

1981年生まれ。静岡県に生まれ育ち、浦和レッズに入団。2015シーズンで引退するまで浦和レッズにとって欠かせない選手となる。2006年にオシム監督が日本代表に就任すると日本代表に選出されて、主力として活躍。現在はサッカーの普及に関わるとともに、AuB株式会社を立ち上げ、アスリートの良好なコンディションの維持、パフォーマンスの向上を目標に、日々研究をするなど、スポーツビジネスの分野でも幅広く活動。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【トークショー】

小堀宗翔氏×山田翔太氏トークショー

■日時:3月16日(土)①午後2時~午後2時30分(30分)②午後4時~午後4時30分(30分)

■場所:銀座三越7階ジャパンエディション

小堀宗翔氏と陶芸家の山田翔太氏のトークショー。実際にスポーツとお茶を嗜む山田翔太氏に、茶道とスポーツの関わり方についてお話しいただきます。また、山田翔太氏が今回の企画のために制作をしたスポーツをテーマにした茶碗についてなど、今回のイベントの見所を詳しく解説します。

 

画像
画像

山田翔太氏

1988年生まれ

高校で陶芸を始め、東京都内の工房にて作陶。10年間のラグビー歴をいかし、現在はトライアスロン選手として大会に出場。

うつわにアスリートの美意識を取り入れる”Athlete Ceramist”として活動中。

 

画像

加倉井秀昭氏

1970年 東京生まれ

1998年 東京ガラス工芸研究所卒業

2009年 長野県追分にアトリエ設立

2007年 女子美術大学非常勤講師

2015年 長野県富士見町に加倉井硝子製作所設立

画像

JOJO reticule

ジョージョ・レティキュールは、美しいヨーロッパのインテリアファブリックやタッセルを使ってデザインされています。スタイリッシュなフォルムと鮮やかなカラーが印象的。

アトリエハンドメイドですので、ていねいで繊細なつくりです。

※写真はイメージです。

このページをシェアする

ジャパンエディション

ジャパンエディション

7階 | リビング,ホビー・ステーショナリー

OTHER NEWS

その他のニュース

江本 創 未知なる生きモノ

江本 創 未知なる生きモノ

11月20日(水) ~ 11月26日(火)

<トモコ コデラ> 新作TOUJOURS トゥジューシリーズのご案内

<トモコ コデラ> 新作TOUJOURS トゥジューシリーズのご案内

11月13日(水) ~ 12月25日(水)

祝いのカタチ~2020年子~

祝いのカタチ~2020年子~

11月13日(水) ~ 12月31日(火)

親子四代!引き継がれた伝統工芸「江戸切子」~<小林硝子工芸所>~

親子四代!引き継がれた伝統工芸「江戸切子」~<小林硝子工芸所>~