ジャパンエディション

和歌山のものづくり バイヤー PICK UP "根来寺根来塗"

このページをシェアする

2018/10/31 UP

銀座三越ジャパンコレクションバイヤーがおススメする「根来寺根来塗」

その制作工程の一部をご紹介いたします。

 

【バイヤーズvoice】

一度途絶えてしまった中世の堅牢な「根来寺根来塗」を、研究により現代に復刻をさせた<池ノ上曙山>氏。

その情熱が甦らせた美しい漆器は、現代の”用の美”を体現する器と言えます。

長い時間をかけて使い込むことで、刷毛目を残した朱色は独特の艶が増して、擦れることで見える下地の黒も美しいのが「根来寺根来塗」の魅力です。

日常の器として使い込んでこそ、美しさが増していく、”育てる器”です。

漆器は、取り扱いが難しいイメージがありますが、日常使いしてこそ、本当の美しい姿になります。
時間と手間をかけて、丁寧に作られる堅牢な漆器は次の世代に受け継いでいくべき、日本の名品だと思います。

この企画を通して、多くの方に「根来寺根来塗」の存在を知っていただき、手に触れて感じて欲しいと思います。

11/1(木)からは、「JAPAN SENSES」のテーマに連動して、7階リビングフロアのVPスペースにて制作工程を見ていただく展示も行いますので、

この機会にご覧ください。

                                                                                                                   Japan Collection バイヤー 小谷野敬行

画像

【池ノ上曙山】  

昭和34年、大阪府出身。初代根来寺根来塗師として、途絶えていた根来寺での漆器を復興。

現在、根来寺山内にある工房で昔ながらの技法を用い、産地としての根来塗を制作。

画像

★木固め

生漆を希釈し、木地に塗りこむ木固め。

3回木固めを繰り返すことでより堅牢な下地になる。

画像

★布着せ

漆物に麻布をしん(米糊、生漆を混ぜ合わしたもの)で張る。

角など、弱い部分に麻布を張り付け強度を上げる布着せ。

画像

★錆付け

寝錆(水を含んだ砥の粉と生漆を混ぜ合わせて1日以上寝かせた錆)と生漆を混ぜ合わせた錆をへら付する。

「研ぎ」で形をつくるのではなく、高度な「へら付」により形を作ることにより、繊細な曲線と厚みが均一になり、堅牢な下地となる。

2回錆付けと研ぎを繰り返す。

画像

★下塗り、中塗り

黒漆を刷毛で塗る。下塗りを研ぎ、漆物を炭で水研ぎする。
中塗り、研ぎも2回繰り返す。

塗って乾かし、研いで塗る、を繰り返す。

画像

★上塗り

高台から底まですべてに朱漆を刷毛で塗る。

朱塗りの漆器は高級品の代名詞。

画像

【根来寺根来塗の技法】

根来物や根来塗とも呼ばれ、使うほど“用の美”が増す漆器として知られている。和歌山の根来の地に産地「根来寺根来塗」として中世の根来塗以上の堅牢さを持ち合わせた根来塗が平成の世に復元された。下地が丈夫なので剥離(はくり)がほとんどなく、すれ摩耗が美しく見える。木固めを3回、ほとんどの漆物に麻布を貼っている。


丈夫な下地を作るため19工程を踏み3ヶ月以上の時を費やす。全26工程を経て作られている。 

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

このページをシェアする

ジャパンエディション

ジャパンエディション

7階 / リビング,ホビー・ステーショナリー

OTHER NEWS

その他のニュース

加賀九谷の世界

加賀九谷の世界

11月21日(水)~ 11月27日(火)

祝いのカタチ <わら細工たくぼ>

祝いのカタチ <わら細工たくぼ>

11月14日(水)~ 12月4日(火)

<季の雲>中国茶器展

<季の雲>中国茶器展

11月14日(水)~ 11月27日(火)

小松九谷の新しい世界<CROSS K>

小松九谷の新しい世界<CROSS K>

11月14日(水)~ 11月20日(火)

祝いのカタチ~一位一刀彫 谷口彫刻~

祝いのカタチ~一位一刀彫 谷口彫刻~

11月28日(水)~ 12月4日(火)

楽居布~あたたかい暮らし展~
終了しました

楽居布~あたたかい暮らし展~

11月7日(水)~ 11月13日(火)

和歌山のものづくり~木の文化を繋ぐ~
終了しました

和歌山のものづくり~木の文化を繋ぐ~

10月31日(水)~ 11月6日(火)

<深川製磁>薪窯作品展
終了しました

<深川製磁>薪窯作品展

10月31日(水)~ 11月6日(火)

<桃居> ~くらしを彩る工芸の新しい風~ 増渕篤宥・田村文宏・富山孝一3人展
終了しました

<桃居> ~くらしを彩る工芸の新しい風~ 増渕篤宥・田村文宏・富山孝一3人展

10月31日(水)~ 11月13日(火)

矢部慎太郎の見立て『西洋茶懐石~テーブルコーディネート~』
終了しました

矢部慎太郎の見立て『西洋茶懐石~テーブルコーディネート~』

10月17日(水)~ 10月30日(火)

古川剛 天目作陶展
終了しました

古川剛 天目作陶展

10月3日(水)~ 10月16日(火)

曲げわっぱ~柴田慶信商店~
終了しました

曲げわっぱ~柴田慶信商店~

10月17日(水)~ 10月23日(火)