ギャラリー

超絶技巧 明治期の工芸展

このページをシェアする

2020/01/11

近年、脚光を浴びている明治期の工芸。

それらは、江戸時代には、刀装具や蒔絵調度など武家社会を彩る道具を制作していた職人たちによるものでした。 

高度な技術で制作された作品の数々は、現在では再生不可能といわれるほどです。

本展では、金工、七宝、薩摩焼など、芸術性と高い品格を兼ね備えた明治期の工芸を一堂に展覧いたします。

画像

秀義

「月に雁芦に鷺之図銀製彫金香炉」

幅13.0×奥行8.4×高16.2cm

価格はお問合せください。

このページをシェアする

ギャラリー

ギャラリー

7階 | 美術

OTHER NEWS

その他のニュース

小野川直樹  個展  「爛漫」

小野川直樹  個展  「爛漫」

1月29日(水) ~ 2月4日(火) ※最終日は午後6時閉場

山田浩司 作品展 ―楽園の果実―

山田浩司 作品展 ―楽園の果実―

2月5日(水) ~ 2月11日(火·祝) ※最終日は午後6時閉場

次代を担う日本画家たち展 ―千住博から新鋭作家まで―

次代を担う日本画家たち展 ―千住博から新鋭作家まで―

2月12日(水) ~ 2月18日(火) ※最終日は午後6時閉場

山本雅子 絵画展 -annunciation-

山本雅子 絵画展 -annunciation-

2月19日(水) ~ 2月25日(火) ※最終日は午後6時閉場

華麗なる花々 ‐新鋭日本画の息吹‐

華麗なる花々 ‐新鋭日本画の息吹‐

2月26日(水) ~ 3月3日(火) ※最終日は午後6時閉場