ギャラリー

田中千智 ‐2020年のこども‐

このページをシェアする

2020/01/11

福岡を拠点に活動する画家、田中千智氏。 田中氏の黒い背景の絵は印象的で、どこかにありそうでない夜の風景が描かれています。

広がる白い地平線や黒い空は、人に想像させる余白があります。 そのため見る人によって、雪であり夜であり闇でもあり、

鑑賞者が絵を見て思い巡らすという、絵画の本質が詰まっています。

近年では、国内外の展覧会・アートフェアに多数出展、 また本の装丁や映画祭のビジュアルを手がけています。

2人の息子を育てる彼女が描く、こどもの世界。

こどもたちが季節ごとに様々な体験をして、成長していく様子が描かれた新作を含め、約30点を展示いたします。

「白と黒と日常」

白と黒の世界と日常 白く真っ新なキャンバスをみると、真冬の冷たい空気を吸った時のように、とても清々しい気持ちになります。

それは、初めて絵を描き始めたときから、変わることがありません。

2020年、私の環境は大きく変化し、自分ひとりだけの世界から、子どもの世界にも触れるようになりました。

新しい仕事から、刺激を受けて、また、違う絵を描きたくなることもあります。

影響されたり、されなかったり、そうやって、これからも制作を続けていきたいと思っています。

 田中千智 Chisato TANAKA

画像

田中千智

「2020年のこども」

油彩、アクリル、キャンバス

31.8×41.0cm

2019年

価格はお問合せください。

このページをシェアする

ギャラリー

ギャラリー

7階 | 美術

OTHER NEWS

その他のニュース

超絶技巧 明治期の工芸展

超絶技巧 明治期の工芸展

1月22日(水) ~ 1月28日(火) ※最終日は午後6時閉場

小野川直樹  個展  「爛漫」

小野川直樹  個展  「爛漫」

1月29日(水) ~ 2月4日(火) ※最終日は午後6時閉場

山田浩司 作品展 ―楽園の果実―

山田浩司 作品展 ―楽園の果実―

2月5日(水) ~ 2月11日(火·祝) ※最終日は午後6時閉場

次代を担う日本画家たち展 ―千住博から新鋭作家まで―

次代を担う日本画家たち展 ―千住博から新鋭作家まで―

2月12日(水) ~ 2月18日(火) ※最終日は午後6時閉場

山本雅子 絵画展 -annunciation-

山本雅子 絵画展 -annunciation-

2月19日(水) ~ 2月25日(火) ※最終日は午後6時閉場

華麗なる花々 ‐新鋭日本画の息吹‐

華麗なる花々 ‐新鋭日本画の息吹‐

2月26日(水) ~ 3月3日(火) ※最終日は午後6時閉場