ギャラリー

ほろ酔いの王国 吉田類展 vol.2

このページをシェアする

2019/05/29UP

『酒場放浪記』でお馴染み、酒場詩人・画家・作家としてご活躍の吉田類氏の個展を開催いたします。

「器は料理の着物である」とは北大路魯山人の言葉ですが、食にこだわる吉田氏が器にこだわるのは、また必然でありました。その手触り、口触りで食の味わいに大きく違いが出ることは、食を究めようとする者がやがて辿り着く境地であります。

今回は広島在住の陶芸家・有本空玄氏の協力のもと、ぐい呑、徳利や片口の他、ワインカップを手掛けました。志野の柔らかな肌合いに、吉田氏の軽妙洒脱な絵が踊る…。酒のお供にこれほど愉快な友はありません。

芸術を愛し、山を愛し、人を愛し、そして酒に愛される吉田氏の魅力を存分にご堪能ください。

 

 

吉田類 Rui YOSHIDA

1949 年 高知県吾川郡仁淀町(旧・仁淀村)生まれ

幼少期、洋画家・吉井英二氏(二科会)に影響されて画家を目指す

1970 年代 シュールアートに傾倒。パリを拠点に画家として活動。帰国後、イラストレーター、エッセイスト、俳人として雑誌、新聞等に執筆を続ける

「酒場歳時記」(NHK 出版)、「酒場詩人の流儀」、「酒は人の上に人を造らず」(中公新書)など著書多数

そのかたわらテレビ、ラジオ等に出演

2003 年より BS-TBS「吉田類の酒場放浪記」出演、放送中

2018 年 銀座三越「ほろ酔いの王国 吉田類展」を開催

 

◇吉田類氏 来場予定

6月5日(水)・6日(木)・8日(土)・9日(日)・10日(月)・11日(火)

各日午後1時~4時

※作家都合により変更する場合がございます。何卒ご了承ください。

画像

「徳利」「ぐい呑」

Photo:Makoto Matsuno

 

価格についてはお問い合わせください。

画像
画像
画像

このページをシェアする

ギャラリー

ギャラリー

7階 | 美術

OTHER NEWS

その他のニュース

篠田桃紅 作品展 -Transient  ゆらぎ-

篠田桃紅 作品展 -Transient  ゆらぎ-

10月9日(水) ~ 10月15日(火) ※最終日は午後6時閉場

コシノヒロコ展 墨の軌跡―創造とスタイル―

コシノヒロコ展 墨の軌跡―創造とスタイル―

10月16日(水) ~ 10月22日(火·祝) ※最終日は午後6時閉場

UTSUSHI 山本太郎×宮川真一 2人展

UTSUSHI 山本太郎×宮川真一 2人展

10月23日(水) ~ 10月29日(火) ※最終日は午後6時閉場

草間彌生 ―幻想の世界― 版画展

草間彌生 ―幻想の世界― 版画展

10月30日(水) ~ 11月5日(火) ※最終日は午後6時閉場

第39回 古代からの装身具 ―佐野公代― 世界のトンボ玉コレクション

第39回 古代からの装身具 ―佐野公代― 世界のトンボ玉コレクション

11月6日(水) ~ 11月12日(火) ※最終日は午後6時閉場

木彫 仁吉展 ―北国からのぬくもり―

木彫 仁吉展 ―北国からのぬくもり―

11月13日(水) ~ 11月19日(火) ※最終日は午後6時閉場