ギャラリー

本間健司 漆芸展

このページをシェアする

2018/12/5 UP

南会津の山奥に大きな「朴木(ほおのき)」があると聞いて、雪解けを待ち出掛けて行きました。早速持ち帰り割ってみたのですが、

思い通りにはなかなか割れませんでした。しかしながら風雪に耐えた痕跡がひと割りするたびにその表情が一変します。

そして時に自分の思いを超えた表情を見せてくれる事があるのです。その瞬間をとらえて形を整えていきました。

その木が過ごしてきた時間と情景が作品から感じていただければ幸いです。ぜひご覧いただきたくご案内申しあげます。

                                         本間健司

 

作家来場日:会期中、全日在廊(午後1時~午後5時)

画像

〈本間健司〉割木四段重箱

648,000円

サイズ:19.5×28×23.4㎝
木 漆 地の粉 砥の粉
制作年:2018年

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

ギャラリー

ギャラリー

7階 | 美術

OTHER NEWS

その他のニュース

草間彌生と現代アート展

草間彌生と現代アート展

2月13日(水) ~ 2月26日(火) 最終日は午後6時閉場