ギャラリー

ふるかはひでたか 「東京 ー遷ろう景色ー」 fleeting cityscape

このページをシェアする

2020/07/01

『名所江戸百景』を現在の東京に訪ねた連作をはじめ、東京の風景を描いた作品を中心に展観いたします。

安政地震の直後に描かれた『名所江戸百景』。大震災を機に変貌する江戸を前に広重は、何を描き残そうとしたのでしょう。

そして、いまなお東京は変貌し続けています。流れ去る時間のなかで一瞬の風景を絵に残す。その意味を問いつつ、描き続けています。 

 

 

 

ふるかはひでたか  略歴

 1968年刈谷生まれ。美術作家。雑誌「医薬経済」の表紙絵を創刊から担当。平面、立体、文章など表現は幅広い。近世資料を紐解き現代の街とかさね作品に織り込むスタイルは独特だ。殊に近年は『名所江戸百景』を現代に訪ね、広重の引用と東京風景を重ねて描く平面で注目を集めている。

 

■学歴

1992 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業

1994 同大学院美術研究科壁画専攻修士課程修了・美術修士

 

■主な展覧会歴

□個展

2019 「江戸東京パースペクティブ」三越本店アートスポット / 日本橋

2018 「本ノ来タ道/其処ニ這フ草」アインソフディスパッチ / 名古屋

2017 「ふるかはひでたかの表紙絵」アートスペースユーメリア / 日本橋

           「おにわあそび」なうふ現代 / 岐阜

2016 「江戸東京~皿の上」不忍画廊 / 日本橋

2011 「継×剥 tzugui×hagui」アインソフディスパッチ / 名古屋

2009 「佐久島物産展」弁天サロン ギャラリー / 愛知・佐久島

2007 「浜辺のカケラ ~ 器, 島の形」アイン ソフ ディスパッチ / 名古屋

2006 「Richard *Richard」ギャラリー アルテ / 丸亀

 

□グループ展

2019 「情熱の深みと浅さ」ヤマザキマザック美術館 / 名古屋

2012 「光陰/ひかり・かげ・とき」岡崎市立美術博物館 / 岡崎

2006 「記憶の集積を創造の海へ」笠島伝統建造物群保存地区  真木邸 / 香川 塩飽・本島

2005 「どんぐりひろばプロジェクト」市政資料館  及び  市内各所 / 名古屋

2003 「108」イセ文化基金NYギャラリー / ニューヨーク

2002 「掌 8」レントゲンヴェルケ / 東京

 

■著書

「CULTIVATE 岡崎散歩」(2013年・正文館書店岡崎 刊)

 

■連載

2000年~ 雑誌「医薬経済」表紙絵と短文を連載中

2017年6月~19年12月 タウン誌「月刊日本橋」に文と絵による「江戸東京訪子歩記」を連載

画像

「crawler」

紙にアクリル絵具、81×81cm、2020

473,000円

画像

「銀座 cityscape」

紙にアクリル絵具、69×45.7cm、2020

275,000円 

画像

「江戸-東京 パースペクティブ『するかてふ』」

紙にアクリル絵具、45.5×33cm、2019

198,000円

画像

「江戸-東京 パースペクティブ『亀戸天神』」

紙にアクリル絵具、45.5×33cm、2019

198,000円

画像

「江戸-東京 パースペクティブ『浅草金龍山』」

紙にアクリル絵具、45.5×33cm、2019

198,000円

※品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

※お問合せ:03-3562-1111(大代表)

このページをシェアする

ギャラリー

ギャラリー

7階 | 美術

OTHER NEWS

その他のニュース

ウォーホル、草間彌生、村上隆など 世界の現代美術巨匠人気作家展

ウォーホル、草間彌生、村上隆など 世界の現代美術巨匠人気作家展

8月12日(水) ~ 8月18日(火) ※最終日は午後6時まで

-楽しい夢の国- 吉野友佳子 絵画展

-楽しい夢の国- 吉野友佳子 絵画展

8月19日(水) ~ 8月25日(火) ※最終日は午後6時まで

明治の拵、令和の刀

明治の拵、令和の刀

8月26日(水) ~ 9月1日(火) ※最終日は午後6時まで

志水堅二展 現代花鳥

志水堅二展 現代花鳥

9月2日(水) ~ 9月8日(火) ※最終日は午後6時まで

小宮彩瑛 七宝展 -銀の光は結晶に-

小宮彩瑛 七宝展 -銀の光は結晶に-

9月2日(水) ~ 9月8日(火) ※最終日は午後6時閉場