GINZA SWEETS COLLECTION 2019

1月23日(水)〜2月14日(木) 最終日午後6時終了
銀座三越 7階 催物会場・9階 銀座テラス/テラスコート

日本初上陸!知っておきたい
“It”なニューショコラ

〈ヴェルシオン・オリジナル〉〈ダゴーシュ〉をパリ在住の食と生活ジャーナリスト・角野恵子が訪問!

NEW 日本初上陸

Version Originale

元ジャン=ポール・エヴァンの右腕が生み出す完成度光るチョコレートたち

チョコレート界の世代交代を予感させる、新星が現れました!2017年11月にオープンした〈ヴェルシオン・オリジナル〉、次世代を担うショコラティエ!

左がショコラティエのアレクサンドル・ヴェリエさん。右がパティシエのマキシム・オリヴィエさん。二人の出会いも〈ジャン=ポール・エヴァン〉のアトリエだった。

パリ郊外の閑静な住宅地イシー・レ・ムリノーに、2017年11月オープンした〈ヴェルシオン・オリジナル〉。なんと、かのショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァン氏のもとで18年間働いたアレクサンドル・ヴェリエさん(左)が独立し、パティシエのマキシム・オリヴィエさん(右)とタッグを組んで開業しました。

白で統一されたモダンな店内

入口近くのパティスリー、奥は併設のアトリエ。

店内へ入るとまずパティスリーに商品がずらりと並び、その奥がチョコレートのコーナー。さらに奥へ進むと小さなアトリエが併設され、店内で販売されているすべてのチョコレートがここで生産されます。
ショーケースには常時約30種類ボンボンが並び、棚にはマンディアンやアーモンドチョコレートなど8種類の袋詰めがあるほか、板チョコも約30種類という充実ぶり。アレクサンドルさんがたった一人で作っているとは、ちょっと信じられないくらいです。

チョコレートボンボンのショーケース。

〈ヴェルシオン・オリジナル〉のチョコレートの特徴は、非の打ち所のないほどの仕上がりと、水のようにピュアでなめらかなガナッシュのテクスチャー。これらはアレクサンドルさんにとって、当然とも言えるクオリティの証なのです。

ひと口食べてアレクサンドルさんのチョコレートとわかる上品な味わい

マンディアンと「ヤマトナデシコ」のシリーズ。

日本を意識して作ったコフレ「ヤマトナデシコ」は、ユズ風味の“ヴァネッサ”、イヨカン風味の“ユキ”、シソ風味の“バジル”、抹茶風味の“オレリー”、4種の詰合せです。
“ヴァネッサ”はミルクチョコレートのガナッシュにブラックチョコレートを上掛けしたもので、絶妙なバランスのユズの風味がたまりません。
“ユキ”はアーモンドとノワゼットのプラリネに、イヨカンのコンフィを混ぜ込んだ一品。粗挽きのプラリネに混ぜ込んだイヨカンのつぶつぶが、歯に当たると同時に心地よい酸味を放ち、長い余韻を楽しませてくれます。
“バジル”は、赤シソと青シソをインフュージョンしたブラックチョコレートのガナッシュです。上掛けはミルクチョコレート。なぜ赤シソと青シソなのかというと、「それぞれに違った特徴があって、その両方を引き出したかったから」とアレクサンドルさん。日本人にはちょっと思いつかない組合せですね。
“オレリー”の抹茶は、〈ジャン=ポール・エヴァン〉時代から馴染んだ食材とのこと。フランス人が苦手な青くささを抑え、爽やかな風味に仕上げました。

マンディアンはアレクサンドルさんこだわりのオレンジコンフィとグリヨット、ノワゼット、かぼちゃの種を使っています。ひと噛みごとに違った食材の風味が弾けるマンディアンは、本当に食べ心地のいい一品ですね。

ちなみにアレクサンドルさんは、すべてのチョコレートボンボンに、クリエーションのきっかけとなった人物の名前をつけています。たとえば、中国茶ラプサンスーチョンのガナッシュの名前は〈ジャン=ポール〉。そう、師匠であるジャン=ポール・エヴァン氏です!
「午後にちょっと時間ができると、必ずラプサンスーチョンを淹れてくれました。僕にとってエヴァンさんの思い出は、このスモーキーな香りとともにあります」。

アレクサンドルさんの人柄を反映した親密感あるオリジナリティ、そして巨匠ショコラティエのもとで培った上質なクオリティ。一度食べたらきっと長年のファンになってしまう、そんな予感がする〈ヴェルシオン・オリジナル〉です!

Yamato Nadeshiko

日本を意識して作ったコフレ、その名も「Yamato Nadeshiko」。ほんのり奥ゆかしく香るカカオの香り、繊細な味わいを堪能して。

Yamato Nadeshiko[銀座店限定]
4個入、フランス製 2,808円
7階 催物会場

Yamato Nadeshiko
マンディアン

オレンジコンフィとグリヨット、ノワゼット、かぼちゃの種が楽しい食感を演出。素材のよさがストレートに伝わる一品。

マンディアン[銀座店限定]
1袋、フランス製 2,160円
7階 催物会場

マンディアン

LES.CHEVALIERS D'ARGOUGES

手作りに徹し、素材にこだわったチョコレートはレトロな趣が魅力です

ノルマンディー地方の老舗〈ダゴーシュ〉は、1927年創業のショコラトリー。前身であるパティスリーは20世紀初頭に存在しました。現在は5代目のダヴィッド・メスさんがメゾンを受け継ぎ、昔ながらの製造法を守っています。

(写真左)メゾンの家族写真。(写真右)かわいらしいショップの外観。

パリの西に広がるノルマンディー地方。英仏海峡の街カーンから50㎞ほどの小さな町に、ショコラトリー〈ダゴーシュ〉はあります。1927年創業のこの老舗は、現在、5代目のダヴィッド・メスさんに受け継がれています。父から息子へと代々伝わる信条は今も変わらず、まず第一に手作りに徹すること、そして100%ピュアカカオバターだけを使用すること。カカオをワインのように原産地で選ぶ現代のチョコレート界において、まさに伝統的なアプローチを守っていると言えるでしょう。だから、〈ダゴーシュ〉のチョコレートにはどこか懐かしさが漂い、それゆえに飽きのこない味わいなのです。

オランジェットを上掛けするダヴィッドさん。

「私たちは流行を追いかけたくはないのです」と、ダヴィッドさん。
「いつの時代も変わらないベーシックなチョコレートを作り続けているからこそ、お客さまから信頼と信用を得ることができました。そのベーシックなラインナップに加えて、シーズンごとに限定品の新作が登場しますから、新しい味覚を試したいお客さまにも喜んでもらうことができます。それもすべて、不動の核心であるベーシックチョコレートがあるからこそなのです。」

家族で受け継ぐ職人気質のショコラ

右からマンディアン、ポワソン、カルバドス、チュイル。

定番中の定番である“ポワソンショコラ”は、100%ピュアカカオバターだけを使用するメゾンの信条を実感するのにふさわしい一品。難しい知識は一切無用、チョコレートは昔からただシンプルにみんなから愛される存在だった、という事実を思い出させてくれます。
もうひとつの定番で、一番人気商品でもある“マンディアン”は、南仏のオレンジピールとレーズン、そしてカラメル化したアーモンドを使用。厳選されたドライフルーツが、ピュアなブラックチョコレートと混ざり合う調和の妙は、一度食べ始めたらやめられないほど!
やはり定番の“ジャンドゥーヤ”も、きめ細かなプラリネが口の中でゆっくりと溶けてゆく一品です。

カルバドスを一口噛んだところ。

変わって、新しい定番となっているのが、地元ノルマンディー名物の銘酒、カルバドスを使った“カルバドス ガナッシュ”です。通常のウイスキーボンボンと違いカルバドスをガナッシュに練り込んでいるので、カリッと噛んでも液体がこぼれ出しません。だから慌てずゆっくり、自分のペースで一口ずつ味わえます。お味の方はというと、素材のバランスが絶妙でお酒の強烈さはまったくなし。ほとんど、カルバドスの香りを楽しむ感覚です。

「チョコレートの製法同様に、パッケージも常に伝統的なデザインを選んでいます。フランス国鉄のポスターを使ったシリーズ(シェルブールやバニョール=ド=ロルヌなど)は、いつの時代もお土産に大変喜ばれていますし、ビーチのキャビネット(海小屋)や灯台のパッケージもフランスらしく、地元ノルマンディーの海にちなんでもいるので人気なのですよ」。

安定感あるおいしさのチョコレートと、レトロかわいいパッケージがついに日本に初上陸します。これは見逃せませんね!

ムーランルージュ(缶)+ポワソンショコラ

ノルマンディーの素材を活かしたショコラと、フレンチレトロな缶数種類の中から自由に組み合わせて、自分好みのオリジナルショコラに。

組合せ例:ムーランルージュ(缶)+ポワソンショコラ
130g、フランス製 1,501円
7階 催物会場

マンディアン
角野恵子_すみの・けいこ

角野恵子_すみの・けいこ

食と生活ジャーナリスト。
1997年からパリ在住。共著に『パリでうちごはん』(小学館)、『DIYでつくるパリのインテリア』(エクスナレッジ)などがある。

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

三越 ゆかたガーデン

三越 ゆかたガーデン

5月15日(水) ~ 8月20日(火)

『SUMMER FASHION 男の祭典』メイドトゥメジャーご来店予約サービス

『SUMMER FASHION 男の祭典』メイドトゥメジャーご来店予約サービス

5月22日(水) ~ 5月27日(月) ※最終日午後6時終了

男の祭典

男の祭典

5月22日(水) ~ 5月27日(月) 最終日午後6時終了

ファッションシェアリングサービス<CARITE>

ファッションシェアリングサービス<CARITE>

憧れのブランドを2泊3日でお気軽レンタル

MITSUKOSHI DAYS 今日を楽しむ人たちに送る food magazine

MITSUKOSHI DAYS 今日を楽しむ人たちに送る food magazine

5月1日(水·祝) ~ 5月31日(金)

三越伊勢丹のランドセル2020

三越伊勢丹のランドセル2020

4月10日(水) から