GINZA SWEETS COLLECTION 2019

1月23日(水)〜2月14日(木) 最終日午後6時終了
銀座三越 7階 催物会場・9階 銀座テラス/テラスコート

クリエイティブスタジオ〈クローカ〉の矢島さんがいざなう桃色の未来

銀座三越では恒例となっている、クリエイティブスタジオ〈クローカ〉によるバレンタインイベント。お菓子とアートを組み合わせた物語性のある演出で連日大反響!その仕掛け人である、〈クローカ〉のアートディレクター矢島沙夜子さんにお話を伺いました。

「チョコレート鉱山」や「蛇口からホットチョコレート」など、三越伊勢丹のバレンタイン催事ではいつも夢のある企画で盛りあげてくださいますが、アイデアはいつ・どんなときに浮かぶのですか?

ベースは小さい頃に読んだ絵本や、遊びのなかでの原体験でしょうか。学校の帰り道で見つけたドングリと池の藻でお弁当を作って冒険ごっこをしたり、本の中に出てきた「魔法のおかゆ」にあこがれて真似をしてみたり。今でも「あの山肌はビターチョコだろうな」とか想像したりします。自然物とのふれあいだとか、活字から拾ってくるファンタジーとか、そういうところからですね。

〈クローカ〉の世界を体験してもらううえで大切にしていることはなんですか?

自分自身ファンタジーの世界が大好きなので、それがちょっとでも崩された瞬間、すごくダメージが大きいんです。なので、お客さまにもそういうことができるだけないように気をつけています。もちろん、みなさんもウソだってわかりながらそういうものを体験するわけですけど、いかに心をつかむというか、その「世界」に入り込んでもらうために、あえてすべてを語り尽くさないというか。1から10まで見せられてこれはこういうものですって言われると、もうそこで終わりじゃないですか。でも、その続きにもしかしたらあるかもしれない、「11から先の物語」を一緒に想像する余地を残しておく、そういう楽しみ方もできるような奥行きのある世界観をつくることを大切にしています。その先にもうひとつ物語があるかもって想像してほしいので。

おもてなし屋敷や庭園などのイメージスケッチ

今回の「スモールユートピア」についてお聞きします。どうしてこのテーマを選ばれたのでしょうか?

今年のテーマが「ピンク色」だと聞いたとき、桃源郷のような世界を描きたいなぁと思いまして。あたり一面桃色の庭園、不思議な湖とおもてなし屋敷。ユートピアのようだけど、実は人類が滅亡した何千年後かの世界で…っていう未来のお話です。竜宮城だったり桃源郷だったりという、オリエンタルな幻の里みたいな世界観を、昔話や伝説みたいな設定ではなく、未来の世界の設定として描きたいと思ったんです。

未来というとAIロボットを想像するんですが、今回登場するのは江戸時代のからくり人形ですよね。それはなぜですか?

今回は「おもてなし」がキーワードになっているんです。日本をはじめ世界中におもてなしのカタチってありますよね、舞妓さんのような踊りもそうですし、楽器の演奏や豪勢な食事もさまざま。そういうきらびやかな意匠やおもてなしの形式をいろいろミックスして、この桃源郷で働く“おもてなしロボ”を考えたんです。没個性の真っ白なロボットではなくて、平安時代の絵巻物に出てくるようなきものに、ヨーロッパの王宮のような飾りが施された服を着たお人形たち。そんな幻想的な世界で働くロボットとして、からくり人形をモチーフに選びました。

おもてなしロボや桃の木などのイメージスケッチ

この企画で大変だったことはなんですか?

これからが大変なんです(笑 ※インタビューは2018年11月下旬)。おもてなしロボットをゼロから開発しているのですが、それが単にかわいくおもしろいだけじゃなくて、実際にお客さまに接客するというところまでもっていくのが、今回の課題ですね。これまでも、昔ながらのぜんまい仕掛けの茶運び人形を改造したことはあったんですが、それだとぜんまいがすり切れると壊れちゃうという問題があって。今回は設定も未来なので全部電子制御でやろうとしています。あと、人形が運んでくるモノも世界観にあっていて、かつお客さまが持ち帰ってうれしいモノというのを考えるのも大変ですね。ファンタジーから現実世界に落とし込んでいくという作業が。

おもてなしロボが運ぶガナッシュペーストのイメージスケッチ

徹底した世界観を作りあげているんですね。

そうですね。商品ひとつひとつにストーリーがついていて、それを記したミニブックをつけているんですが、それを読むのを楽しみにしているお客さまもいらっしゃいます。

今までで印象深かったお客さまの反応を教えてください。

ふだんは見る人を少し選んでしまうような作品も手がけたりしますが、食べもののイベントって人を選ばないというか、間口が一気に広がるんですよ。そうすると、いままで出会ったことがないお客さまの反応が見られておもしろいですね。たとえば何年か前の伊勢丹のバレンタイン企画で、チョコレートの池を作ったんです。そのストーリーが「男を手玉に取る」という内容だったんですが、たまたま会場でわたしの隣にいた小学生くらいの女の子が、「わたしコレ絶対買うわ!」って(笑)。もう見た目とか味じゃなくて、そのストーリーを見て「コレが欲しいのよ!」みたいな感じになっているのを見て、すごくおもしろいなと思いました(笑)。

お客さまにメッセージをお願いします。

おもてなしロボの働きぶりを楽しみにしてください!ルビーチョコを使ったピンク色のホットチョコレートが湧き出る湖も出現します!

おもてなしロボがご注文品をお客さまのもとにお届けします!

TAMATEBAKO[銀座店限定]
(お好きなもなか2種+お好きなチョコレートスプレッド1種+薄焼きチップ+グラノーラ+ミニブック)日本製 3,201円

TAMATEBAKO COMPLETE[銀座店限定]
(もなか10種+チョコレートスプレッド4種+薄焼きチップ+グラノーラ+ミニブック)日本製 12,001円

OMOTENASHI LAKE[銀座店限定]
(桃色のホットチョコレート)日本製 501円(1杯)

GOHOUBI MONAKA[銀座店限定]
日本製 540円(1個)

矢島沙夜子_やじま・さよこ

クリエイティブスタジオ〈クローカ〉に所属し、インスタレーションやウィンドウディスプレイ、プロダクトのディレクション、グラフィックデザインを中心に活動中。錬金術をテーマにしたチョコレート工場のような企画や、架空の浮島のジオラマなどに独自のストーリーを展開するなど、ファンタジックな作風が特徴。

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

三越のお歳暮 2019 冬の贈り物

三越のお歳暮 2019 冬の贈り物

11月6日(水) ~ 12月19日(木)

【今週のワインプロモーション/地下3階】

【今週のワインプロモーション/地下3階】

11月21日(木) から

銀座三越のクリスマスケーキ&ギフト 2019

銀座三越のクリスマスケーキ&ギフト 2019

10月2日(水) ~ 12月10日(火)

【2020年おせちのご予約について】

【2020年おせちのご予約について】

9月25日(水) ~ 12月24日(火)

国立博物館×三越伊勢丹コラボレーションギフト  LIVE

国立博物館×三越伊勢丹コラボレーションギフト LIVE

11月12日(火) ~ 12月31日(火)

化粧品オンラインストア Winter Cosmetic Collection

化粧品オンラインストア Winter Cosmetic Collection

10月28日(月) ~ 11月13日(水)

定期宅配サービスISETAN DOOR 氷室豚入りおためしセットご紹介中

定期宅配サービスISETAN DOOR 氷室豚入りおためしセットご紹介中