京都ものづくり

■2019年2月27日(水)〜3月5日(火)
■銀座三越 各階

伝統技法を有する京都の職人と、三越伊勢丹のバイヤーが協業した京都のものづくり。
京都の伝統に新風を吹き込む品々を通して、新しい京都をぜひ感じてみてください。


オンラインストアはこちら 

WOMEN


京都絞美京

京都にて1937年に創業。染めと絞りの伝統技による京鹿の子絞製品や京呉服を手がけています。現在は三代目の松岡輝一氏のもと、伝統技術の絞り染めを世界へ届けるために、新製品の開発にも積極的に取り組んでいます。

京都絞美京
松岡 輝一氏

〈KIZOMÉ〉スカーフ

国の伝統工芸品にも指定される「京鹿の子絞」の伝統工芸士が京都で手染めしたスカーフ。睡蓮を描いた名画をモチーフに、一点一点手染めしています。

KIZOMÉ〉スカーフ 73,440円(絹100%/約130×130cm)
■1階 GINZA ステージ

銀座三越バイヤーのこだわり

伝統的な京の技を若い世代や新しいお客さまにも届けるために、疋田絞(ひったしぼり)と手描き染めを掛け合わせて作った大判スカーフです。手描きが入ることで、巻き方によってがらりと表情が変わる贅沢な1枚となりました。

色合いがカラフルなのでシンプルなカット アンド ソーンなどにサラリと巻いていただくだけでもおしゃれに決まると思います。

婦人雑貨担当バイヤー
小林 美穂


錦の伝統織物 光峯 KOHO

織物美術家の龍村光峯氏のもと、練達の職人たちの技を集め、丹念に時間を惜しまず作り出される「錦織」。その黄金のごとく輝く織物の魅力を今に伝えています。

錦の伝統織物 光峯 KOHO
龍村 周氏

〈錦の伝統織物 光峯 KOHO〉がま口ポーチ、コンパクトミラー

錦織を取り入れた上品で鮮やかなファッション雑貨。普段づかいはもちろん、和装や冠婚葬祭のシーンにもふさわしく、ギフトにもおすすめです。

錦の伝統織物 光峯 KOHO
がま口ポーチ 9,504円(約W16×H8×D10cm)
コンパクトミラー 各4,536円(直径約7cm)
■1階 GINZA ステージ

銀座三越バイヤーのこだわり

〈錦の伝統織物 光峯 KOHO〉さんの工房にあったバラエティー豊かな錦織の生地を使って、銀座三越のお客さまからご要望が多いお化粧ポーチや、ありそうでなかったミラーなどを作りました。すばらしい生地にふさわしく、縫製もいつも以上に丁寧に仕上げていただきました。

また、錦織の生地を部分使いした上品なバッグもご用意しました。チェーンバッグとしてもクラッチバッグとしても使え、和装にも洋装にも合う万能な仕上がりなのでぜひチェックしてみてください。

婦人雑貨担当バイヤー
小林 美穂


from GARDEN

名水百選にも選ばれた水のきれいな川が流れ、豊かな自然が残る井手町に工房を構え、従来のイメージを覆す現代的な色とデザインの草木染めを表現しています。

from GARDEN
松本 陽菜氏

〈from GARDEN〉ストール

春らしく軽やかなウール素材で、かわいらしい小花柄のストール。数種類の植物を染め重ねて、鮮やかな色が表現されています。

from GARDEN〉ストール 35,640円(毛100%/約70×200cm)
■1階 GINZA ステージ

銀座三越バイヤーのこだわり

春とはいいつつまだ寒いこの時期にぴったりの、薄くて軽やかだけどしっかり暖かなウール素材のストールです。こちらは新作の小花柄ですが、伝統的な技法である「板締め絞り」では細かい柄が再現できないため、通常とは異なる道具を使って実現していただきました。

草木染めらしからぬ鮮やかな発色も見どころです。数種類の自然の植物を染め重ねて生み出した3色をラインナップします。

婦人雑貨担当バイヤー
小林 美穂


光章

京都で培われた感性と伝統の染織技術を活かし、自然素材独特の手触りや美しい風合いが魅力の布を小川光章氏が厳選し、デザイン・染色。現代の暮らしを彩る染織の「布アート」を世界に発信しています。

光章
小川 光章氏

〈KOSHO〉ポーチ、トートバッグ

裾を広げると一筋の挿し色が覗くデザインで、見えない部分に洒落を施す「京都の粋」を表現したランチトート&ポーチを、トレンドカラーの3色でラインナップ。

KOSHO
ポーチ 各2,700円(約W20×H15×D5cm)
トートバッグ 5,400円(約W30×H20×D12cm)
■1階 GINZA ステージ

銀座三越バイヤーのこだわり

扇のように裾が広がる〈光章〉さんの定番バッグを、モディファイして作っていただきました。チラリと覗く、色の見せ方が上手いですよね。ランチトートの中には保冷できるアルミシートのインナーバッグを付けました。春らしく鮮やかなカラーは、今季のトレンドを踏まえた3色でオーダーしています。

婦人雑貨担当バイヤー
小林 美穂


アミタエムシーエフ

デザインから仕上工程まで一貫生産する、国内では数少ない金属工芸品メーカー。ベルトのバックルやピンバッジ、メダル、そして象嵌や七宝など、さまざまなアイテムを手がけています。

◆象嵌製作実演:3月2日(土)・3日(日)各日午後1時〜3時・4時〜7時

アミタエムシーエフ
藤田 幸山氏

mellow×アミタエムシーエフ

〈mellow〉×〈アミタエムシーエフ〉イヤリング・ピアス

〈アミタエムシーエフ〉が象嵌を施した枠に、人気アクセサリーブランド〈mellow〉が草花を樹脂で閉じ込めて仕上げたイヤリング。

mellow〉×〈アミタエムシーエフ〉イヤリング・ピアス 各16,200円(鉄、金、漆、合成樹脂、錫合金、ドライフラワー、イヤリング金具:真鍮合金・ゴム、ピアス金具:チタン、キャッチ:プラスチック・真鍮合金)
※商品の特性上、一点一点デザインが異なります。
■3階 ル プレイス プロモーションスペース

mellow デザイナー
福嶋 芽朗氏

銀座三越バイヤーのこだわり

銀座三越の若いお客さまの感性にも響き、伝統工芸を身近に感じられるアイテムです。まずは手にとってもらえるよう、おしゃれでかわいいということを心がけました。その中で象嵌による漆黒の漆に美しく金のラインが光る、職人の技術が伝わるデザインを目指しました。

ファッション的には普段着からドレスアップまで幅広く活躍するデザインです。シンプルなリトルブラックドレスから着物までかっこよく合わせられて、私自身もぜひ使いたいと思える大満足の出来映えとなりました!

婦人服担当バイヤー
橋本 有梨亜


松斎陶苑

明治元年、西陣生まれの初代が清水焼発祥の地、五条坂で創業。大正2年に現在の今熊野日吉地区に移築窯。以来、京都の土壌に育まれた「良質な和の情緒」に富んだ商品を時代のニーズに合わせて製作。割烹和食器を幅広く製造展開する中で培った技術とネットワークを活かし、心を動かすモノ作りに取り組んでいます。

松斎陶苑
安田 久世氏

mellow×松斎陶苑

〈mellow〉×〈松斎陶苑〉フラワーベース

モダンなお部屋にもなじむ、シンプルな清水焼の一輪挿し。〈mellow〉による樹脂の埋め込みがデザインのアクセントに。

mellow〉×〈松斎陶苑〉フラワーベース 9,936円(陶土、合成樹脂、ドライフラワー、ロゴプレート:錫合金/約直径10×高さ11cm)
※商品の特性上、一点一点デザインが異なります。
■3階 ル プレイス プロモーションスペース

mellow デザイナー
福嶋 芽朗氏

銀座三越バイヤーのこだわり

一輪挿しにつけられた半月型のくぼみに、樹脂を流し込んで草花を閉じ込めました。何度も京都に足を運んで、〈松斎陶苑〉さんと〈mellow〉さんとともに「マル・サンカク・シカクのような、身近に感じやすいシンプルな形がいいよね」と相談しながら生まれたデザインです。

最近では小さなブーケを一輪挿しに生けてそのままドライにするという人も増えており、そんな使い方にもぴったり。清水焼を持ったことがないお客さまにもぜひお持ちいただきたい花器です。新生活やギフト、ご自分へのプレゼントにもおすすめです。

婦人服担当バイヤー
橋本 有梨亜


MEN


岡本織物

1000年以上の歴史を持つ「金襴」という神社仏閣で宝物として扱われる織物を手織りしてきた専門職人集団。西陣織の歴史の中で培われてきた伝統と革新の技術で、日本の伝統的な生地を身近に感じられる一品をご提案しています。

岡本織物
岡本 絵麻氏

タイユアタイ×岡本織物

〈タイユアタイ〉×〈岡本織物〉ネクタイ

金糸などで紋様を織り出した生地「金襴」を現代的にアレンジし、ゴージャスなネクタイに。イタリアが誇るネクタイブランド〈タイユアタイ〉が生地をセレクトし、アイコンともいえる贅沢な「セッテピエゲ(七ツ折)」で仕立てました。

タイユアタイ〉×〈岡本織物〉ネクタイ 29,160円(絹100%)
■5階 GINZAクローゼット

デートル×岡本織物

〈デートル〉×〈岡本織物〉オーダージレ

豊富な西陣織からお好みの生地を選んで、日本発のジレブランド〈デートル〉にオーダー。フォーマルからカジュアルまで、コーディネートを華やかに彩るアクセントになるジレをご提案します。

デートル〉×〈岡本織物〉オーダージレ 75,600円から(素材各種/44〜50)
※お渡しは約2カ月後となります。
■5階 GINZAクローゼット

銀座三越バイヤーのこだわり

歴史ある〈岡本織物〉さんの上質な西陣織にふさわしく、イタリア・フィレンツェ発のブランド〈タイユアタイ〉にネクタイの製作を依頼しました。通常の倍近くの生地を使用する「セッテピエゲ(七ツ折)」というクラシックな縫製で仕立てられた一品は、芯地がないことでやわらかでエレガントな印象を与えてくれます。西陣ならではの煌びやかな柄からベーシックなものまで約25種類50本をご用意しました。

今回はそれに合わせてジレもご提案いたします。前身頃2カ所と後身頃の計3カ所それぞれをネクタイと同じく約25種類の生地からお選びいただけます。ネクタイと共生地で揃えていただくことも可能です。

紳士服担当バイヤー
田中 慎吾


日根野勝治郎商店

複雑に工程が細分化された京染めの全工程に関わるプロデューサー的な仕事「悉皆屋(しっかいや)」を三代にわたり京都で営んでいます。染め商品の企画、デザインから工程管理、品質管理に至るまですべてに責任を持っています。

日根野勝治郎商店
日根野 孝司氏

〈日根野勝治郎商店〉ポケットチーフ

手ぼかしで染めあげた着物や帯用のシルク生地で蝶ネクタイを製作。蝶ネクタイの本体と組紐をそれぞれ好きな色柄から選べるプチカスタムオーダーでご用意しました。

日根野勝治郎商店〉蝶ネクタイ
本体 各8,100円(絹100%)
組紐 各2,700円(絹100%)
■5階 GINZAクローゼット

〈種田〉ネクタイ

手ぼかし染めのシルク生地を、国内でも数少ない手巻きで加工できる職人の手で仕上げました。胸に挿した際に、ワンランク上のエレガンスを演出します。

日根野勝治郎商店〉ポケットチーフ 各5,076円(絹100%)
■5階 GINZAクローゼット

銀座三越バイヤーのこだわり

〈日根野勝治郎商店〉さんはありとあらゆる京染めの生地のバリエーションが強みです。今回は本体と組紐を組み合わせて選べる新感覚のボウタイを約150種類ぐらい作る予定です。気軽なオーダー感覚で楽しんでいただきたいですね。

もう1点、友禅染のチーフもご用意しました。ポイントは国内でも少ない手まつりの職人さんに縫製をお願いしたこと。細かなことなんですが、ここにこだわることで風合いや格が段違いなんですよね。紳士のアイテムとしては欠かせない部分です。

紳士服担当バイヤー
田中 慎吾


種田

天保8年(1837年)、京都にて創業。京鹿の子絞りの技術を高め継承することを目指し、金彩や細かな刺繍を施した特徴ある帯揚げや帯締め、雑貨をご提案しています。

種田
種田 靖夫氏

京鹿の子絞りの生地を使ったネクタイを、人気ブランド〈フランコスパダ〉を手がける日本有数のネクタイメーカーである永島服飾とのコラボレーションで製作しました。

種田〉ネクタイ 16,200円(絹100%)
■5階 GINZAクローゼット

銀座三越バイヤーのこだわり

京鹿の子絞りを使ってニットタイのような表現を目指しました。縫製も京都の工場ですべて手まつりで仕上げられた、まさにメイドイン京都といえるアイテムです。

表面だけに絞りを施したリバーシブルタイや、部分的に絞りを施してストライプの柄を表現したネクタイなど、京鹿の子絞の新しい可能性をご提案します。

紳士服担当バイヤー
田中 慎吾


LIVING


富宏染工

京都ならではの感性と美意識が息づくきものの楽しみを、現代を生きる女性たちへ届けるために。意匠の考案から染めの仕上げまでの工程を統括するプロデューサーの役割「染匠」として手描京友禅に取り組んでいます。

富宏染工 取締役 RITOFU代表
藤井 友子氏

〈富宏染工〉×〈インテリア茶箱クラブ〉ミニ桐茶箱

手描京友禅で描かれた日本の四季や伝統意匠を小さなアクセサリー箱にしました。お気に入りのジュエリーを収納しやすいミニ桐茶箱をはじめ、日常の暮らしの中でお使いいただけます。

富宏染工〉×〈インテリア茶箱クラブ
ミニ桐茶箱 各柄1点限り 各32,400円(約幅14×奥行10×高さ10cm)
※限定数終了後は受注生産にて承ります。
インテリア茶箱(慶長山取幔幕図)内箱付 171,720円(約幅24×奥行17×高さ18cm)
■7階 GINZAステージ

銀座三越バイヤーのこだわり

外国人のお客さまからも好評のインテリア茶箱です。貴重な手描京友禅の生地が使われており、中を開けても生地が美しく張られています。銀座三越限定の4柄のミニ桐茶箱はジュエリーボックスとして使用できる仕様です。また会期中は〈インテリア茶箱クラブ〉の茶箱の製作ワークショップのお申し込みもできます。

今回の「京都ものづくり」では、他にもコラボレーションしたミニ桐茶箱や〈インテリア茶箱クラブ〉のオリジナル茶箱が登場するのでぜひご覧ください!

リビング担当バイヤー
清水理絵


もりさん

大正10年(1921年)に創業した、雛人形の着物生地に用いられる西陣織金襴の織元です。伝統的な技法を守りつつ化学繊維の織物に取り組み、新分野への挑戦を続けています。

もりさん チーフプランナー
山田 由英氏

〈もりさん〉御朱印帳入れ、親子がま口

プリントではなく先染め織物である西陣織の美しさを楽しんでいただけるよう、柄の見え方を工夫。日常使いできるよう、丈夫な生地を使用しています。

もりさん
御朱印帳入れ 各2,484円 (生地:ポリエステル・ナイロン、ボタン:鉄/約W14×H20×D2cm)
親子がま口 3,780円 (生地:ポリエステル・ナイロン、口金:鉄/約W14.5×H13×D4cm)
■7階 GINZAステージ

もりさん×インテリア茶箱クラブ

〈もりさん〉×〈インテリア茶箱クラブ〉ミニ桐茶箱「光雲―朱」

ミニ桐茶箱に、手作業で丁寧に西陣織を張り込みました。箱の内側は西洋の手法カルトナージュで美しく装飾。蓋を開けて別売りの亥飾りをのせて楽しむこともできます。

もりさん〉×〈インテリア茶箱クラブ
ミニ桐茶箱「光雲―朱」(飾り台付)1点限り 17,280円(約幅15×奥行11×高さ13cm)
亥飾り 5,184円
■7階 GINZAステージ
※限定数終了後は受注生産にて承ります。

銀座三越バイヤーのこだわり

創業以来100年近く製作を続けた柄は5000種類以上! 従来の正絹の生地はもちろん、雑貨などにも使いやすい堅牢なポリエステル100%の西陣織も開発されています。

おすすめは銀座三越でも密かに人気のアイテムである御朱印帳入れ。またテーブルランナーやポーチなども色柄豊富に取り揃えました。まだあまり販売されているところも多くはないので、ぜひこの機会に皆さまにご覧いただきたいです。

リビング担当バイヤー
清水 理絵


夢み屋

「京の小さな幸せ」をコンセプトに、主にちりめん生地を使用した和雑貨を製作販売。職人の手仕事で仕上げられた温かみのある風合いと洗練されたデザインで、日本の伝統を繋いでいます。

夢み屋 職人
北村 まどか氏

〈夢み屋〉白粋 こいのぼり

男の子の成長と健康をお祈りする端午の節句。力強く泳ぐこいのぼりを白に染めあげ、モダンでシンプルに表現しました。

夢み屋〉白粋 こいのぼり 1点限り 108,000円(約幅45×奥行15×高さ65cm/組立式)
■7階 GINZAステージ
※限定数終了後は受注生産にて承ります。

〈夢み屋〉白粋 四季パネル 月に四季の華を添えて

四季の草花を、京都の伝統技法である「押絵」で表現しました。月の装飾は表面に凸凹入れることで金の輝きが際立ちます。

夢み屋〉白粋 四季パネル 月に四季の華を添えて 4枚組 1点限り 172,800円(パネル1枚のサイズ:約幅15×奥行6×高さ95cm)
■7階 GINZAステージ
※限定数終了後は受注生産にて承ります。

夢み屋×インテリア茶箱クラブ

〈夢み屋〉×〈インテリア茶箱クラブ〉ミニ茶箱 甘美セット

京の生菓子を表現した、〈松栄堂〉のお香入りちりめん細工「甘美」と、〈インテリア茶箱クラブ〉がコラボレーション。インテリアにも、仏間のお供えにも好適です。

夢み屋〉×〈インテリア茶箱クラブ〉ミニ茶箱 甘美セット 19,440円(約幅15×奥行11×高さ12cm)
■7階 GINZAステージ

銀座三越バイヤーのこだわり

白のグラデーションで季節飾りを表現する、〈夢み屋〉さんで人気の白粋(はき)シリーズです。色数が絞られているので、リビングにも合うモダンな印象ですよね。今回のアイテムはシリーズの中でも大きく、存在感のある仕上がりになりました。

リビング担当バイヤー
清水 理絵


江村商店

大正6年(1917年)、京都の呉服問屋として創業。京呉服をはじめ、白生地、大島紬、結城紬、越後織物などを取り扱っており、従来の呉服の伝統にとらわれず、現代カルチャーと伝統文化の融合をテーマにしたものづくりを発信しています。

江村商店 専務取締役
江村 和博氏

〈江村商店〉ガラスプレート

友禅染めの生地をガラスの中に閉じ込めたプレート。春らしく華やかな桜柄を中心に、幅広いラインナップからお選びいただけます。

江村商店〉ガラスプレート 各5,346円(13×13cm)
■7階 GINZAステージ

銀座三越バイヤーのこだわり

京の織染の伝統を次の世代につなげていきたいという想いから〈江村商店〉さんが生みだした、友禅染めの生地をガラスの中に閉じ込めたプレートです。従来のものは白地を基調としたシンプルなデザインだったのですが、今回はあえて色味のあるものにトライしました。

ガラスで挟むと元の生地よりも色が沈んでしまうので、いい発色のバランスになる生地を見つけることが大変でした。通常のお皿としてはもちろん、玄関やお部屋のアクセントとして、またアクセサリートレイとしてお使いいただいても素敵です。

リビング担当バイヤー
清水 理絵


洛中髙岡屋

1919年創業の株式会社髙岡が、代々受け継いできた座布団、布団作りの技で築き上げたブランド。自社で生み出すプロダクトを「寛具(かんぐ)」と名付け、感性豊かではんなりとした暮らしの「寛ぎのアイテムを作り続けています。

洛中髙岡屋 綿入れ職人
馬場 静夫氏

〈洛中髙岡屋〉おじゃみ座布団(M)、こじゃみ枕(持ち手付)

おじゃみとは、関西で「お手玉」のこと。4枚の生地で仕立てるお手玉の縫い方をアレンジして作られた寛ぎアイテムです。

洛中髙岡屋
おじゃみ座布団(M) 5点限り 8,640円(直径約40cm)
こじゃみ枕(持ち手付) 5点限り 各4,320円(直径約20cm)
■7階 GINZAステージ

銀座三越バイヤーのこだわり

〈洛中髙岡屋〉さんの看板商品ともいえる「おじゃみ座布団」です。カタチは完成されているものなのですが、柄のバリエーションを増やしたり、日本の生地だけでなく海外製の生地を使ったり、レザーに挑戦したり、詰物のビーズなどの硬さにこだわったりと、現在もさまざまに進化しています。

今回は銀座三越限定の色合わせも数量限定で展開予定です。型染めの手法で作られた図案はやさしい濃淡が魅力で、柄の中にはさりげなく猫ちゃんが隠れており、猫好きならより癒される一品です。

リビング担当バイヤー
清水 理絵


晋六窯

祖父の辻晋六氏が1931年に創業して以来、三代にわたり京都で京焼、清水焼の陶器を製造販売する〈晋六窯〉。ペリカン急須®を始め普段使いの器から割烹食器まで、手づくりの使いやすい陶器を提案しています。

晋六窯 代表取締役
京谷 美香氏

〈晋六窯〉SHIN PELICAN® 煎茶碗セット

茶こし部分が大きく茶葉が詰まりにくい、50年以上作られ続けるロングセラーの急須「ペリカン急須®」。最後まで注ぎきることができます。春らしいピンクの練り込みで、煎茶碗と揃いでご用意しました。

晋六窯〉SHIN PELICAN® 煎茶碗セット 20セット限り 16,200円(セット内容:急須(幅13.4×奥行17.4×高さ8cm)×1・煎茶碗(直径7.5×高さ4.5cm)×2)
■7階 リミックススタイル

銀座三越バイヤーのこだわり

こちらは練り込みという手法で作られており、さまざまなタイプがある「ペリカン急須®」の中でも珍しいタイプだと思います。近ごろは海外でも日本茶ブームで、中国茶の影響で小振りな碗が好まれているため、今回は急須も煎茶碗も若干小振りに作ってもらいました。

また、ペリカン急須®の特徴である大きな注ぎ口に開いた200近くの穴は一つひとつ手作業で開けており、これはすごく難しい技術だそうです。ぜひそんなところにも注目してほしいですね。

リビング担当バイヤー
清水 理絵


PRESENT

期間中、銀座三越 各階にて「京都ものづくり」の対象商品を税込9,720円以上お買いあげの先着500名さまに、下記4アイテムより1点を差しあげます。

※お一人様1点までとさせていただきます。
※プレゼントはお選びいただけない場合がございます。

A.〈やまひで〉西陣織ブックバンド(12×18cmサイズに対応)
※御朱印帳はサンプルです。御朱印帳のプレゼント・販売はございません。

B.〈やまひで〉西陣織マグネット
※〈やまひで〉のアイテムは、一点一点デザインが異なります。
C.〈一色ちりめん〉お弁当フロシキ、歳時記ふろしき(48×48cm)
D.〈一色ちりめん〉被せポーチ(20.5×11cm)
※写真はイメージです。

オンラインストアはこちら