JAPAN LEATHER PRIDE GINZA ジャパンレザープライド・ギンザ

 EXHIBITOR
10組のレザークリエーター×インフルエンサー

ディレクター 黒澤 進
SUSUMU KUROSAWA
都内アパレル会社にて、百貨店での販売、商品製作を経験した後に三竹産業に入社。代表取締役の麻生氏とともに、ANNAKの企画・製造・販売を兼務し、同ブランドのディレクターを務める。
スタイリスト 相澤 樹
MIKI AIZAWA
2005年よりフリーのスタイリストとして活動開始。エディトリアルを始めアーティスト、広告、CMなどジャンルを問わず活躍中。衣装デザイン、エディトリアルディレクション、空間プロデュースなど多方面の活動も行っている。
クラフトマン
小野寺 ほたる
HOTARU ONODERA
異業種を経験後、物作りへの強い情熱から革業界へ転身、シンプルな世界観をコンセプトにファッションを発信するchi.wataに参加。物作りとデザインに携わる。クラフトマン&デザイナー・千綿雅人と共にコラボ企画に参画。
ファッションモデル 朱里
AKARI
1996年 12月 26日生まれ。愛知県出身。雑誌・PVなどで活動。
クラフトマン/デザイナー
外山 篤/上田 真由美
ATSUSHI TOYAMA / MAYUMI UEDA
(外山) 10代半ばでカービングに出会い魅了されて以来、多くの作品を残す。試行錯誤の末、レザーカービングにシルバーを載せるという『Janis carving』を編み出す。
(上田)アパレル、バッグの縫製技術、レザーアイテムの企画デザインの職歴を経て2006年にMOQUIPを立ち上げる。代官山のSHOP&STUDIO を併設した空間で、デザイン、パターン、生産まですべての工程を行う。
CLUTCH Magazine 編集長 松島 睦
ATSUSHI MATSUSHIMA
早稲田大学人間科学部卒。2000年に枻出版社に入社。「ライトニング」「別冊ライトニング」の編集に携わり、2004年に編集長に就任。その後、「2nd」を編集長として立ち上げ、2012年に「CLUTCH Magazine」を編集長として創刊。雑誌やムックだけでなく、書籍編集や文具開発、イベントビジネスなどを立ち上げてきた。
クラフティングデザイナー 細川 瑠璃
RURI HOSOKAWA
京都工芸繊維大学で建築・デザインを学んだ後、8年半の間、都内インテリア会社にて生活用品の企画・デザインを手がける。そこで革素材に出会い、革職人のもとで製法を学び、2016年10月ke shi kiを立ち上げる。
スタイリスト Saeko Sugai
SAEKO SUGAI
2010年武蔵野美術大学テキスタイルデザイン専攻卒業。アパレルブランドにテキスタイルデザイナーとして勤務後、stylist椎名直子に師事。2016年独立。モード誌を中心に、雑誌、カタログ、広告などを中心に活動。
Six coup de foudre デザイナー
髙見澤 篤
ATSUSHI TAKAMISAWA
革を通じて世の中を考えるブランド Six coup de foudre デザイナー。国内で調達した原皮やジビエ革に特化し、注目を集める。かっぱ橋道具街の路地裏にアトリエ兼、店舗となる「と革」を構える。
白日 店主 西坂 晃一
KOUICHI NISHIZAKA
1980年 岡山県(現)瀬戸内市生まれ。日本のアンティークからコンテンポラリーアートまでを揃えるショップ「白日」オーナー。昭和3年にできた元歯科院の建物を改装したショップにはコアなファンが集う。
バッグデザイナー 三上 直美
NAOMI MIKAMI
文化服装学院卒業。21年間バッグブランドでマーチャンダイザーとして高級バッグを手がける。「持つ人が自然体でいられるバッグを作りたい」という思いから、独立。素材の本質をシンプルに生かすことを大切にしたブランドn.numberを立ち上げる。
NPO法人ハナラボ代表 角 めぐみ
MEGUMI SUMI
ライター・編集職を経て、女子学生のためのメディア「ハナジョブ」をリリース。女子学生を未来の社会変革の担い手に変身させるべく、各地でソーシャルデザインプロジェクトを行っている。経産省キャリア教育アワード2017 奨励賞受賞。
クリエイティブチーム
西田 未希/椙山 佳子
MIKI NISHIDA / KEIKO SUGIYAMA
(西田)大学卒業後に定職に就くもモノづくりの世界への興味が消えず、革のクラフト学校に通い、2014年にDIECI LABOに就職。革小物の魅力を伝えるため、製作に携わるかたわら、催事などに参加しPR活動を行っている。
(椙山)日大芸術学部演劇学科を経て文化服装学院服装科卒業。自分の手で物作りをしている実感が欲しかったため、DIECI LABOに入社。前職のアパレルの販売・企画経験を活かし、お客さまのニーズに合わせた商品を提案。
Abelディレクター/プレス
原田 沙奈子
SANAKO HARADA
「身近にある、共に生きていく服」がコンセプトの「Abel」のディレクター兼プレスとして、デザインから企画、販売まですべてを手がけている。2010年に結婚し、3歳の女の子のママ。インスタグラムのフォロワーは3万人を超える。
デザイナー 三原 英詳
HIDEAKI MIHARA
1994年、福岡大学工学部建築工学科を卒業後、建築会社に入社。1997年、自ら設計・施工したバー「ARBOUR」をオープン。1999年9月「SAN HIDEAKIMIHARA」をスタート。コンセプトは「機能性、デザイン性、存在感」。
女優 MEGUMI
MEGUMI
1981年9月25日生まれ。岡山県出身。女優。
デザイナー 加藤 貴子
TAKAKO KATO
札幌生まれ、東京在住。明治創業の靴職人を曽祖父に持ち、代々続く靴・ハンドバッグ店、イタリアのアパレルブランド店を経営する家系に生まれ育つ。現在、自身のアトリエで、新作のデザインとパターン制作を自ら行い、2013年から海外へ展示発表。
ファッションモデル
道端アンジェリカ
ANGELICA MICHIBATA
1985年12月5日生まれ。福井県出身、O型。道端三姉妹の三女。さまざまなファッション誌をはじめ、ファッションショー、テレビ等で幅広く活躍している。ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザーの資格を取得。
デザイナー 仲垣 友博
TOMOHIRO NAKAGAKI
株式会社ユハク代表取締役。2006年、ビスポーク(受注製作)で革製品を製作する工房「ameno spazio」を設立。2009年、現在の株式会社ユハクに改組。独自の染色技術による美しいグラデーションカラーで国内外から注目を浴びる。
インスタグラマー、モデル 高倉 絵理
ERI TAKAKURA
モデル・インスタグラマーとして活動。Instagram を始めて2年でフォロワーが8万人超に。ファッション、美容、旅行などライフスタイルを投稿。

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

三越のお歳暮 2019 冬の贈り物

三越のお歳暮 2019 冬の贈り物

11月6日(水) ~ 12月19日(木)

【今週のワインプロモーション/地下3階】

【今週のワインプロモーション/地下3階】

11月21日(木) から

銀座三越のクリスマスケーキ&ギフト 2019

銀座三越のクリスマスケーキ&ギフト 2019

10月2日(水) ~ 12月10日(火)

【2020年おせちのご予約について】

【2020年おせちのご予約について】

9月25日(水) ~ 12月24日(火)

国立博物館×三越伊勢丹コラボレーションギフト  LIVE

国立博物館×三越伊勢丹コラボレーションギフト LIVE

11月12日(火) ~ 12月31日(火)

化粧品オンラインストア Winter Cosmetic Collection

化粧品オンラインストア Winter Cosmetic Collection

11月15日(金) ~ 11月22日(金)