<

銀座シャンデリア、誕生。

世界中のあらゆる文化を受け入れ、
あらたな輝きを生みだしてきた街、銀座。
これからもずっと夢とあこがれに満ち、
幸福な思い出が紡がれる舞台でありたい。
そんな願いをこめて
銀座四丁目交差点に誕生したのが、
光のファサード「銀座シャンデリア」です。
それは銀座に集う人びとの物語が
はじまるエントランス。
出会いをまばゆく照らし、記憶にやさしく灯る。
銀座の今日を彩るあたらしい街のシンボルです。

銀座シャンデリアについて

銀座という街のにぎわいと風格にふさわしく、伝統、美、夢、あこがれといった銀座に対するイメージを体現できるモチーフとしてシャンデリアを選択しました。また、長く愛される公共性の高いシンボルとなり街の一部として認知されてほしいと考え銀座シャンデリア」という名前をつけています。

  • シャンデリアにはLED光ファイバーが埋め込まれています。

  • シャンデリアを囲むアーチはゲート」のイメージ。
    あたらしい出会いが待つ入り口を表現しています。

  • 壁面の意匠パネルには、中央区の木であり銀座を象徴する「柳」と、
    三越のシンボルである「ライオン」がデザインされています。
    季節や時間によって異なる色彩で点灯し、街並みを演出します。

※ライトアップ開始時期は2020年11月を予定しておりますが、
予告なく変更となる場合がございます。

ご挨拶

2020年、銀座三越は開店90周年を迎えました。
その節目にあたり、世界の人々を魅了する
銀座の街にふさわしい新たな姿を創出するべく、
銀座三越の外壁に誕生したのが
銀座シャンデリア」です。
現在も、たくさんの方々のお待ち合わせ場所と
なっている銀座四丁目交差点。
銀座シャンデリア」の輝きが、
時代や世代を超えた新たな街の顔のひとつとなり、
銀座にお越しになるみなさまや、
銀座の街へ幸せが降り注ぐよう想いを込めて。
次の100年も銀座の街に寄り添いながら、
ともに発展していきたいと願っております。

執行役員 銀座三越店長 山下 卓也